あまり行事にこだわらない我が家。それでも一応はクリスマスっぽいものを作るべきかな……と考えてたのだけど結局こうなりました。

2020.12.25a

・スローローストポーク
・北ギリシャ風のロールキャベツ
・ロシア風ポテトサラダ
・柿と生ハムのせサラダ


サラダの生ハムは長女の大好物ですが、あとは全部私が食べたい気分だったものです。
と言うのも、みんなが食べられそうな豚もも肉のローストを作るつもりだったんですが、買い物に行った夫がポークチョップ(うちでは土曜日の定番メニュー)も買ってきてくれたので、じゃあ家族にはこれでいいか!次女も確実に食べるし。と、あっさり変更。自分用にはなんとなく塩豚にしておいたバラ肉をローストにすることにしました。

ローストにするには塩気が強すぎるので塩抜きし、あらためて一晩マリネしました。かなり適当なんですが、スパイス(オールスパイス、胡椒、クミン、カイエンとシナモン少し)、セイボリー、おろしにんにく、ディジョンマスタードを袋に入れ、ラキも少し。小さなみかんも2つ半割りにしたのを握りつぶして皮ごと投入。そこに水気をふき取った塩豚を入れてマリネをよくもみ込んで冷蔵庫へ。
翌日、ラックにのせて低温のオーブンで5時間ほど焼いてできあがり。

クリスマスに食べるローストは果物や栗をあわせたりするのがポピュラーで、味つけも蜂蜜やペティメジ(ぶどうの汁を煮詰めたシロップ)など使って甘くするのが多いですが、夏に作ってあったメロンの甘いピクルスを添えたかったので、みかんをマリネに使った以外は甘味なしのローストにしてみました。メロンピクルスとマスタードをほんの少しのせて食べたら、期待通りのおいしさで満足


2020.12.25b

ロールキャベツはギリシャの伝統的なクリスマス料理のひとつです。
アヴゴレモノ(卵レモン)ソースのが食べたい気分だったんだけど、夫が食べる可能性も考えてソースなしにしました。北ギリシャでは漬物にしたキャベツで巻くのも定番なのですが、今回使ったのはしっかり漬かる前の漬物キャベツ。先週キャベツを買った時に冷蔵庫のスペースがなかったので、収納できる大きさになるまで葉をはがして、それをロールキャベツに使おうと思って漬けてあったのです。

ロシア風ポテトサラダ(オリヴィエサラダ)は、いろんな国で人気ですね。ギリシャでもロシキ・サラタと呼ばれポピュラーで、出来合いのもよく売られています。

もうひとつのサラダはレタスとルッコラをちぎって、柿と生ハムをのせただけ(トッピングは撮影後にもっとたっぷり追加します)。ドレッシングはバルサミコ酢で作りました。


2020.12.25c

家族用は、全くクリスマス感のないスブラキ風のいつものやつ。
写真は長女のワンプレートで、夫はジャジキやオニオンスライス山盛りだったり、次女はジャジキの代わりにフェタチーズだったり、各自の好みにあわせてカスタマイズして出してます。

ちなみにデザートは写真撮ってないけどシンプルなビッシュドノエルでした。


トップのメニューは長女も食べるものなので、今日は私と長女が昨日と同メニュー。ほぼ料理はせず久々にのんびりした一日になりそうです


そうそう、アヴゴレモノソースのギリシャ風ロールキャベツは夏に発売されたレシピ本に載せてますので、よかったらお試し下さいね。自分でも気に入ってる料理のひとつです。


ギリシャのごはん (うちで楽しむ、とっておきレシピ65)


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ