ここのところアテネはもうかなり夏っぽくなってきて、春の野菜に名残惜しさを感じています。フレッシュなグリーンピースやそら豆も、もうすぐ終わりですね。

2021.05.25 arakas
Αρακάς λεμονάτος με γαρίδες

グリーンピースをえびとあわせたものが食べたいなぁと思っていたので、昨日はギリシャ風の煮込みにしました。

この手の煮込みを作るとき、トマトかレモンかものすごく悩むんですよ。両方作るという手もあるけど。昨日は家族用にはカレーにしたので、私のはどうするか散々考えて結局レモンにしました。


2021.05.25 arakas1
若くてやわらかいグリーンピースって、さっと煮ただけでも食べられるものですが、そこそこしっかり煮るとまた違ったおいしさが生まれます。あわせたえびは市場で安く売ってる小えび。さっとワイン蒸しにしてからむいたのを冷凍してあったのでそれを使いましたが、生のえびを使う方法でレシピを書いたのでぜひお試しください。

ちなみにえびってプリプリした食感がいいとされるみたいですが、私はあんまりプリッと感が強いのよりも少しみっしりしたような感じのが好きで、こんな煮込みにも合うと思います。サイズ的にも、小さいえびはグリーンピースを押しのけて主役にならず引き立てるし、お財布にもやさしいのが嬉しい。


2021.05.25 arakas2
グリーンピースの煮込みはパラッと炊いたライスと一緒に食べるのが好きです。今回カレーも作ったのでバスマティライスですが、ギリシャらしくパーボイルドライスでも。そういうお米が手に入りにくい場合はバターライスでもいいかと思います。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


グリーンピースとえびのレモンソース煮(アラカス・レモナトス・メ・ガリデス)

材料:(2人分)
グリーンピース...正味200g
小えび...正味60g
玉ねぎ...小さめ1/2個
ねぎ...小1本
ディル...約4本(刻んで大さじ3〜4)
オリーブオイル...大さじ2
塩、こしょう
小麦粉...大さじ1
レモン汁...大さじ3〜好みの量

グリーンピースはさや付きの場合さやから出しておく。えびは殻つきの場合むいて背わたをとっておく。玉ねぎは横に3つぐらいに切ってから薄切り、ねぎは小口切りにする。ディルは粗みじん切りにする。小麦粉はレモン汁でよく溶いておく。

鍋に玉ねぎとオリーブオイルを入れて混ぜ、ふたをして弱火にかける。時々ふたを取って色づかせないよう炒め、やわらかくなったらねぎも加えしんなりするまで炒める。

グリーンピース、ディル、塩ひとつまみを加える。水をひたひたに加え、ふたをして弱火で15〜20分ぐらいクツクツ静かに煮る。

グリーンピースがやわらかくなったらえびを加え火が通るまで煮、レモン汁で溶いた小麦粉を加えとろみと味をつける。塩、こしょうで味をととのえ、味を見て酸味がもっと欲しければレモン汁も足す。

MEMO:グリーンピースとえびは、どちらもむいた状態での分量です。生が手に入るときはそちらの方がおすすめですが、冷凍を使っても。完成品写真ではライスと一緒に盛り付けてレモンの皮をおろしてかけています。