時間がなくて載せそびれるところでしたが、3月25日のメニュー。

2022.03.25 salt cod keftedes
毎年書いているように、ギリシャでは独立記念日と生神女福音祭のダブル祝日でした。

復活祭前の大斎(動物性食品を断ったり節制生活をする期間)中ですが、この日は宗教的には魚食が許され、とくに干し鱈が定番です。
バカリァロス・スコルダリァと呼ばれる、干し鱈フライとガーリックディップのセットが一番ポピュラーな料理。

我が家では3月25日は干し鱈フライかそのバリエーション、もう一回魚食OKの聖枝祭(復活祭の前の日曜日)はフライ以外の干し鱈料理を作るというパターンが多いです。ちなみに断食はしないので、行事食として楽しんでいるだけですが、卵や牛乳といった動物性の材料は使わないのがこだわりポイントです。

今回は、久しぶりに干し鱈のケフテデス。作り方(分量記載なし)は下記リンクに載せています。これを卵抜きで作りました。




あとはシンプルにビーツのサラダとスコルダリァ。ビーツは市場へ買いに行けなかったので、買い置きのパックの蒸しビーツですが。新鮮な葉付きのビーツがあると、葉っぱも茹でてサラダとして食べられるのでおすすめです。





スコルダリァはパンとポテトのミックスヴァージョンにしました。くるみのスコルダリァが好きなんだけど、くるみを切らしてたのと次女がナッツ苦手なので。
水でふやかしたパンの白い部分と茹でたじゃがいも(レンジで調理しても)をフォークでつぶして、すりおろしにんにく、塩、ワインビネガー(今回はレモン汁も入れました)、オリーブオイルを加えペースト状にします。
食べたことがないと正解がわからないかと思いますが、にんにくとビネガーを効かせ、かなりしっかりとした味に調味したらちゃんとできているはずです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ