フロニャ・ポラ!2024年も、ギリシャのごはんをどうぞよろしくお願いいたします。

2024.01.01a
Παγωτό Μελομακάρονα

「無理しない程度に、やりたいこと・好きなことをどんどんこなす」というのを、今年特に意識して行動しようと思っています。
そんなわけで昨日は予定していたメニューを先延ばしにして簡単パスタで済ませたのですが、おやつには我が家のお正月恒例のメロマカロナアイスクリームにヴァシロピタ(新年の聖ヴァシリスケーキ)を作りました。


2023.12.31
ちなみにヴァシロピタはケーキタイプのとチュレキ(菓子パンタイプ)の2種類作りましたが、チュレキの方は焼きたてを台の上に落としてしまい3つにパッカーンと……割れたところからコインが出てネタバレに。SNSのタイムラインに流れてきた星占いに「落ち着いて」と書いてあるのをふと目にし、「なるほど」と納得した大晦日でした。


2024.01.01b
さて、メロマカロナアイスクリームのレシピを分量出して書く予定です!とインスタなどで宣言していました。有言実行でレシピを書いたので、読者の皆さまへお正月プレゼントとしてお送りします。
アイスクリームのベース自体がメロマカロナっぽい味なので、市販のビスケットなど入れてもそれらしくなりますよ。

お正月に出す時の盛り付けはいつもヴァシロピタと一緒にするのですが、アイスクリーム単品でもはちみつを少し垂らして刻んだくるみをふりかけると見栄えがします。または、新年の縁起物でもあるざくろの粒を散らしても。宝石のような赤い粒で華やぐし、酸味もアクセントになりおいしいです。


レシピは続きに。
メロマカロナの作り方は関連記事のリンクをご覧ください。

【関連記事】





ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ






メロマカロナアイスクリーム(パゴト・メロマカロナ)

材料:(約600ml分)
グラニュー糖...50g
塩...小さじ1/4
セモリナ粉またはコーンスターチ...大さじ1
シナモンパウダー...小さじ1/4
クローブパウダー...小さじ1/8弱
オレンジの皮すりおろし...中1/2個分
卵黄...2個
はちみつ...30g
牛乳...150ml
オレンジの絞り汁...大さじ2
メタクサまたはブランデー(あれば)...大さじ2
オリーブオイル...大さじ1
生クリーム...200ml
メロマカロナ...約4個

ボウルにグラニュー糖〜クローブパウダーまでの材料を入れ混ぜあわせ、オレンジの皮も加えつぶすように混ぜる。卵黄とはちみつも順に加えしっかり混ぜる。

鍋に牛乳を入れて弱火にかけ湯気が上がってくるまで温める。これをボウルの材料に少しずつ加えながら溶き混ぜ、鍋に戻す。ふつふつと煮えてとろみがつくまでかき混ぜながら弱火で温め、火からおろし際にオレンジの絞り汁とメタクサ、オリーブオイルを加え混ぜる。鍋底を氷水にあて時々かき混ぜながら完全に冷まし、冷蔵庫で冷やす。

生クリームをゆるくツノが立つぐらいに泡立て、冷蔵庫で冷やしたカスタードを加え混ぜ合わせる。アイスクリームメーカーを使うか、もしくはボウルのまま冷凍庫へ入れ時々かき混ぜながら冷やし固める。ソフトクリーム状に固まった時点で粗く砕いたメロマカロナを加えざっくり混ぜあわせ、保存容器に移す。

MEMO:メロマカロナは今回ちょっと柔らかめになってしまったので、砕いてから低温のオーブンでところどころカリッとするくらいに乾燥焼きしてから加えました。
メロマカロナがない場合や自作するのが面倒な場合は、市販のビスケットで代用してみてください。シナモン風味のビスケット、ちょっと乾かしたパンデピスなど使うとそれらしくなると思います。

バリエーション:チョコレート入りにしてもおいしいです。
2023.12.30a
その場合、カカオ含有率高めのビターチョコを約25g刻んで加え全体に行き渡るまで混ぜ、その後にメロマカロナを加え混ぜます(チョコ入りにしようと思ったのが作ってる途中だったのでこの写真ですが、チョコは溶けないのでアイスクリームが固まる前に加えても大丈夫です)。

2023.12.30b
メロマカロナは細かくつぶしすぎないよう、そっと混ぜてくださいね。