ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

カテゴリ: 季節もの

前回の記事でアーティチョークのパイをご紹介しましたが、8個あるアーティチョークの半分はオイル漬けにしてしまいました。
保存が効くし、作っておくと便利です♪

2014.03.05 artichoke & muscari

アーティチョークのオイル漬けはギリシャでもよく作られる保存食で、とくに小さな野生アーティチョークで作ったものは美味しいです。
レシピはこの本↓を参考に。蜂蜜を使うことによるマイルドな味わいが気に入っています。



イタリア料理の本ですが、作り方はギリシャ式のとだいたい同じでビネガー液で煮てからオイルに漬ける方法。ただ、この手の保存食をギリシャのレシピ本など見ていると、明らかに酸っぱそうなものも多いのですよ……薄めてない酢だけで漬けるとか(汗)


後ろの瓶に入ってるのは、ムスカリの球根です。
ギリシャでは春先になると市場に並ぶ、ムスカリ球根。これは園芸用ではなく食用で、水にさらしたり何度も茹でこぼしたりして苦味を抜いてからピクルスにします。
毎年作り方を変えたりしていろいろ試しているのですが、今年はオイル漬けにしてみました。

2014.02.21 muscari

ムスカリの球根は国産も売ってますが、イタリアや北アフリカ産の輸入品もよく見かけます。イタリアでは一部地方で食用にすると聞きましたが、北アフリカでも食べるのでしょうか……?国産は、コリンスィア辺りで採れるようです。

球根には結構泥が付いているし、切ると少し粘るので下処理がなかなか大変。ちょっと奮発して国産のを買うのですが、小粒のが多く処理に手間取り軽く後悔します^^;
苦味は小粒の方が強いので、大粒が多い輸入品の方が扱いが簡単な気がします。

いつもの通り3回ほど水を換えて茹で、しっかり水気を切った後に塩漬け→酢漬けにします。一日酢漬けにした後、ザルにあけて汁気を切り、オリーブオイルに漬けて完成です。


2014.03.03 kathari deftera

2月半ばに漬けたムスカリ球根は、3月3日(移動祝日)の聖灰月曜日の食卓にも。
本格的に復活祭前の断食期間が始まるこの日は精進料理を食べるのがならわしで、特に宗教を気にしない我が家も一応気分だけ。ギリシャ正教の節食ルールで許可されているシーフードは家族が食べないので、例年どおり豆スープがメインの粗食です。

でも、このシンプルさがたまにはいいのですよね〜。この時期の精進メニューではムスカリ球根含めピクルス類も定番なのですが、ちょっとほろ苦いムスカリの味は春らしくてとても好きです。


2014.03.08 meze

ワインのお供のおつまみプレートにも、オイル漬けが大活躍♪
これにはムスカリとアーティチョークのほかにマッシュルームのオイル漬けも参加していますが、どれもワインが進む!
写真のアングルでムスカリと皺オリーブ推しとなっていますが、この2つを一緒に口に入れとなんとも絶妙なんですよ(私的に)。最近かなりはまっている組み合わせです。

ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

ドタバタな冬休みがやっと終わり、8日から新学期がスタートしてホッとひと息ついているところです。気がつけば、ブログの方はクリスマスイブの投稿からすっかり放置になっていました

今年もぼちぼち更新していきますので、どうぞよろしくお願いします!

1

年末年始をどんな風に過ごしていたかと言うと、まあいつもどおり地味なんですが、一応子供サービスということであちこち遊びに連れていってたつもり。
シンタグマ広場の様子も見に行ったり(ギリシャ独特な、船のクリスマス飾りが設置されていました^^)、


2

これはクラフスモノス広場。
クリスマス関連のイベントはアテネ市内や周辺でもあちこちで開かれていたので、いくつか行ってみました。


3

地方からお友達が来ていたので一緒に遊びに行ったり、学校のお友達のパーティーに行ったり……かなり楽しんだと思うのだけど、やはり遊び足りないのが子供ですよね。私の方は、すっかり消耗してたのですが^^;


4

クリスマスに何を作って食べたのかは全く記憶にないのですが、大晦日ディナーはビフテキのオーブン焼きだった模様(笑)
これ、我が家では「ロロ(ギリシャ風ミートローフ)」として伝わっている料理なんですけど、ロロは普通のミートローフのように大きく成型して焼くのが一般的で、こういう形状のはオーブン焼きビフテキと呼ばれることの方が多いようです。


5

お正月は、またカラヴリタで過ごしました。
前回元日から行ったら混んでたので、今年は2日から4日まで。


6

ホテルの猫ちゃんにもまた会えましたよ


7

朝ごはんをしっかり食べて、スキー場へ向かいます。クレープにロドザハリ(バラジャム)が美味しい♪


8

が、しかし。入口付近は雪がなくて拍子抜け。
暖冬による雪不足で今期はまだ営業してないスキー場もあるそうです。


9

上の方は大丈夫だったようで、夫と長女は颯爽と滑ってた模様。


10

私は下の初心者用ゲレンデで、スキーデビューした次女の練習を手伝っていました。今までのソリ曳き係から、スキー板運びに昇進(笑)


10.5

途中、次女がソリ遊びしている間は車に避難させて頂きましたが……。


11

3日間夕方まで滑って、なかなか満足したようです。


12

私の楽しみはやっぱりこっちでした♪


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

今年の正教の復活祭は遅く、5月5日でした。
復活祭休みも日本のGWとほぼ被ってて、今はまだ休み中……。少し前から完全に夏の暑さになってしまったため、夏休みに錯覚してしまいます^^;

2013.05.05 easter eggs

暑さのせいでやる気がなくなったのもありますが、忙しかったり体調いまいちだったりで今年はさらにミニマルに。一応、チュレキやイースターエッグは用意しましたよ

巷でも例年より地味にお祝いしてるおうちが多かったように思いますが、どうでしょう?


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

まだ肌寒くなったり暑くなったりな4月の下旬ですが、毎年この時期は旬食材を追うのに忙しいです。

2013.04.20 fresh garlic

そろそろ葉ニンニクが終わりそうなので、慌てて買い込み。
今年はピクルスをひと瓶分だけ作ってたのですが、「もっと作って!」と子供たちのお達しが^^;
 
今週、近所の市場で売ってるかは微妙ですが……完全に消えないうちに葉ニンニク餃子なども作っておきたいです。


2013.04.20 fresh garlic2

新ニンニクは、いつもの醤油漬けにします(これこれ)。これは大きめの瓶に2つ分仕込みました。
これぐらいの時期になると、小さめのを買っても中の粒はかなり大きく育ってしまっています。
まだしばらくはジューシーな新ニンニクが楽しめますが、薄皮も食べられるほど柔らかいのはそろそろ終わり。


2013.04.20 vine leaves

数週間前からちらほら出始めた葡萄の葉は、先週末の市場ではもう旬真っ盛りという感じでした。
フレッシュな葡萄の葉を見ると、何と言ってもまずはドルマダキァ・ヤランジを食べたくなりますね〜!
週末出かけてたりで忙しかったので、今日明日にでも作るつもりです^^


2013.04.20 spaghettini with armyra

土曜の昼ごはんに作ったオカヒジキの冷製パスタ。
長女がずっと食べたがってたのですが、うちの辺りでは先々週ぐらいからオカヒジキが出始めました。

スパゲッティーニが茹で上がる少し前にオカヒジキを投入し、ザルにあけて冷水で手早く冷やします。水気を切ってキュッと軽く絞ったら(余分な水気を残さないため)、レモン胡椒とオリーブオイルで和えて出来上がりの簡単パスタ。
うちの娘はこのシンプルなのがお気に入りなのだけど、味付けを和風にしたり、いろいろバリエーションが楽しめます。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

珍しく、晩ごはんにパスタを作ったので。
あっ、でもこれ結構よく作ってるから載せたことあるかも……

2013.04.07 pasta with sausage & ouzo tomato cream sauce

サラミで有名な、レフカダ島のデリマリ(ΝΤΕΛΗΜΑΡΗ)っていうメーカーのソーセージを使っています。
ギリシャのソーセージってかなり主張が激しいものが多い中、このソーセージはいい意味でニュートラルな感じで、そのまま焼いて食べても料理に使っても美味しいです。

パスタのソースには、皮を除いて粗くちぎったのを少し色づくまで炒めます。
ニンニクとローズマリーの微塵切りも加え(お好みで唐辛子も少々)、香りが立ったらウゾをジャッと加えます。そこにトマトソースと生クリーム(今回はクレーム・フレッシュ)を加えソースの出来上がり。
アルデンテに茹でたペンネかリガトーニを加え、軽く煮て出来上がり。
彩りにパセリでも散らせば尚よしです

※フェンネル風味のソーセージで作って、お酒はワインを加えてもいいです。

*******************************

パスタの写真が超地味なので、春らしい花の写真でも^^;

2013.04.06 paschalia

セイヨウハナズオウが満開です(訂正済。タヌ子さん、ありがとうございました!)。
ギリシャではパスハリァと呼ばれ、だいたいパスハ(復活祭)の頃か少し前ぐらいに咲くのですが、今年はパスハが5月5日と遅いので、とっくに花が終わってしまいますね……。


2013.04.07 mint tea with orange blossoms

ネランジ(橙、ビターオレンジ)の花もいっぱい咲いていて、とってもいい香り♪大好きな季節の風物詩です。
「モロッコではレモンやオレンジの花の時期には生花を入れてミントティーを作る」とツイ友さんに聞いたので、早速試してみました。

こういう花の使い道としては日本の桜茶とか思い出しますが、ギリシャでも柑橘類の花や薔薇の花弁でシロップ煮を作ったりします。
花を食用にするのって、優雅でいいですよね^^


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

↑このページのトップヘ