ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

カテゴリ: レストラン・お店

これまた今更〜な話題ですが、去年のシミ島バカンスの帰りに立ち寄ったロドス島の写真も載せておきます^^;

ピレウスへ向かうフェリーの出航時間は夜なので、昼頃にシミ島からロードス島に着いたらカフェでコーヒーを飲んだ後、島の南側のビーチでひと泳ぎというのがいつものパターン。

2010.08.31a

ロードスでの食事は(夫の強い希望により)馴染みのスブラキ屋へ行ってばかりで他のレストランに行けない!という私の不満を聞き入れてもらい、ひたすら車を走らせ適当な村へ行ってみることとなりました。


2010.08.31b

たどり着いたのはこんな所。


2010.08.31c

小さな集落にあるタベルナはここ一軒のようです。


2010.08.31d

8月の終わりでまだまだ暑い時期でしたが、木陰のテーブルに座ってると少し肌寒いくらい。


さて、お料理の方は……
2010.08.31e

「泳ぐ前だからごく軽く」と言いつつ、みんなの好みが分かれる為に結局5品ほど頼むことに。もちろん一番沢山食べたのは私でしたが(笑)

ナスに見覚えのある方、正解!去年再現レシピを紹介したメリジャノサラタです。
他には揚げミートボール、ピリ辛のフェタチーズ焼き、ギリシャサラダ。ちなみにミートボールに添えられてるのはライムではなく、出始めでまだ緑なレモンです。


2010.08.31f

ロードス島ではプリグリ(ブルグル、挽き割り小麦)の料理がよく食べられ、これもそのひとつ。柔らかく煮込んだ豚肉入りのピラフです。
そのうちレシピを載せようと思いつつ今に至る……^^;


2010.08.31g

このレストランで面白いな〜と思ったこと。敷地内に小さな教会があるんです。
屋根のてっぺんにちょこんと付いている十字架も石造り。


2010.08.31h

中の写真も撮っていいということで、ちょっと失礼して……
剥げ剥げでかなり色褪せているフレスコ画ですが、こういうのも雰囲気があっていいですね。
パスハにはここに村人達が集合するんでしょうか。ここで復活祭を迎えたら、すぐマギリッツァが食べられていいな〜とか、結局妄想が辿りつく先は食べ物なんですが(笑)


2010.08.31i

機会があればまた来てみたいと思えるレストランでした。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

このブログでは何度か話題にしたことのある「アルメニアケバブ屋」。
meloさんお気に入りケバブ屋さんの記事を見て、まだ写真を載せたことがなかったのを思い出し、先月撮ってきました(そしてすっかり載せるのを忘れてた……
うちは毎週土曜日は外食というパターンで、そのうち2、3回に一度はここに行ってしまうという超馴染みの店です。

ケバブレストランと言うと、似たような名前の某老舗ケバブレストランにも遥か昔行ってたのですが「あるアクシデント」が起きてからはずっとこちらに通っています。

2010.11.27 4asteria1

スターターはウェイターさんが持ってきてくれるトレイから好きなのを選ぶ方式。左から、エズメ(ピリ辛の刻みサラダ)、ジャジキ、揚げナスのトマトソースがけ、フムス。
この時は頼んでませんが、干し葡萄と松の実が入ったタイプのドルマダキャ・ヤランジもなかなか美味しいです。


2010.11.27 4asteria2

スターターと同時に巨大ピタパンも登場。
テーブルに置かれた瞬間、子供達のフォーク攻撃を受けています。萎む前に撮影成功(笑)
このピタパンだけでなく、フカフカのピデも頼むと持ってきてくれますよ。


2010.11.27 4asteria3

温かいスターターで外せないのはピタ・ケサリアス。パストゥルマ、トマト、チーズの入ったパイです。
このパイは普通のレストランでもメニューに載ってることがあるのですが、やっぱりこういうケバブレストランで食べるのが最高♪
あと、コンステンティノープル料理のレストランでも結構美味しいかも?トマト別添えタイプなら、ヴーラの“クリマタリア”というギリシャ料理レストランのも好きです(他の料理はイマイチだけど……)。


2010.11.27 4asteria4

私のメインはチーズを練り込んだカセルリ・ケバブ。
夫は毎回アダナ・ケバブ(スパイシーなケバブ)、子供達はチーズのみトッピングしたペイニルリ(ボート型をしたトルコ風ピザのようなパン)。

ケバブは大体8~12ユーロぐらいで、“セルコスのスペシャル”という料理が14ユーロと少し高いです。“スペシャル”は柔らかくスロークックされた牛肉がチーズたっぷりの焼きナスピュレと共に壷焼きにされたもの。


2010.11.27 4asteria5

これ、何というのかわかりませんが、アルメニアラー油的な?
夫はこれをケバブにたっぷりつけて食べてます^^;


他の店ではデザートをパスするのが普通な私達だけど、ここではいつも頼んでしまいます(と言いつつ、この日に限って食べなかったので写真無し)。
チーズをカダイフィに包んで揚げ焼きにしたキュネフェと、カザンディビという、鶏胸肉の入ったミルクプディング。どちらもカイマキアイスクリーム(マスティハ風味のアイスクリーム)を添えてもらいます。
キュネフェはシロップがけでもすごく甘いわけではないですが、自分でシロップの量を調節したいという方はシロップ別添えで頼むこともできますよ♪


"O SERKOS & 4 ASTERIA"
28 Pl.Xenofontos, Glyfada
Tel.(210)9649553/9634920

ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

選挙の為に先週金曜から学校が4連休だったので、前の連休に実現しなかった“中心地で普通のギリシャ料理ランチをしたい”というささやかな願いを叶えてきました。

家族で外食と言うと夜ばかりだし、中心地の店に行くことは数年に1回というぐらい珍しいことなので……ここも実に久し振り。夫なんて、子供の頃に父と来て以来かも?と言ってました^^

そんな懐かしいレストランはシンタグマ近くのケントリコン。“古き良きアテネ”を思い出させる老舗のひとつです。
2010.11.05 kentrikon1

メニューは充実してて目移りしてしまうのですが、こういう店では煮込みやオーブン料理がおすすめです。

私は軽めにイワシのオレガノ風味オーブン焼き、夫はサガナキ(揚げチーズ)をチョイス。あとは子供たちが食べたいものということで、毎度おなじみケフテダキャ(揚げミートボール)、ジャジキ(ヨーグルトときゅうりのニンニク風味ディップ)、ホリアティキ(ギリシャ風サラダ)。


程よくお腹が満たされたところで、こちらもお約束のクラシックなデザート。クレマ・カラメレ(カスタードプリン)です。
2010.11.05 kentrikon2

レモンパイとどちらにしようか迷ったのだけど、プリンの気分だったので♪
子供達は本当のプリンは(スーパーに売ってるようなのでなく)好きじゃなかったよな〜と思ってひとつだけ頼んだら、予想に反しほとんど食べられてしまったのですが

この後は娘のお友達へのプレゼントを買いに行ったり、チビのリクエストでスタバに寄ったり……と、久々に楽しい平日のお出かけでした。

“KENTRIKON"
Kolokotroni 3

ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

今年のシミ島バカンスでは島からのブログ更新もしましたが、専らこのカフェの電波をお借りしてました。

2010.08.28 cafe manteio

日本と比べヨーロッパは無料wifiスポットが多いですが、シミ島でも多くのカフェやバーなどでネットができるので便利です。
私がいつも利用していたCafe Manteioはバスならホリオのキオスク前(風車小屋の次に停車)で降りて坂を上っていったところにあり、ホリオのメイン集落側からならゾイのタベルナ脇の道を下りてすぐです。
隣に児童公園があり、子供を遊ばせながらお茶をできるというのも私達には願ったり叶ったりというわけ。
ちなみにここはネットカフェも兼ねてるので店のコンピュータを使うこともできるし、外でも公園に面した壁側のテーブルではコンセント利用もOKです。

2010.08.28 cafe manteio2

外のテーブルはこんな感じ。ごくスタンダードなカフェですが、ぺディ湾を見渡せ(すぐ下が駐車場なのは目を瞑り^^;)眺めも結構いいです。



このカフェでまず私がオーダーしたのはサボテンの実のカクテル。

2010.08.26 prickly pear cocktail

シミ島では至る所にウチワサボテンが生えていて、実も沢山生っているのを見かけます。これを名物として利用しないのはもったいないな〜と常々思ってたんですが、どうやら店のお兄さんも同じ考えだったようで、いろいろ熱く語って下さいました^^
今後はサボテンのリキュールなども登場予定だそうで(現在仕込み中?)、また、今回食べ損ねた地元産チーズでワインもいいなぁ……などと考えてたら、今から来年のバカンスが楽しみになってきました。

2010.08.26 prickly pear

そうそう。サボテンカクテルのお味ですが、これが意外にもいけましたよ〜♪
おすすめです


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

ブログネタ
ギリシャ に参加中!
去年の夏、港近くのガソリンスタンド手前に伝統的な石造りの家が建てられているのを見て気になっていました。
レストランかバーになると聞いていたので、早速チェック。この夏オープンしたと言うその店は、ペタロという名のシーフードレストランでした。

2009.08.31 petalo1

海に面しているので、もちろんテーブルからの景色は素敵
このレストランは時計台の斜め向かいに位置するので、イァロスの美しい風景を眺めながら食事ができます。

2009.08.31 petalo2

海にせり出している席も。風が強い日は少々キツイので、上の席の方がいいですが。
左に見える階段のところが船着場になっていて、捕りたての魚介類が運ばれてくるのです。

2009.08.31 petalo3

まずは偵察を…ということで、営業時間外に行ってみて厨房に潜入。ピカピカに新しいというのもありますが、とても清潔です。
メニューを見せてもらいに行っただけなんですが、片隅にごろごろ積み上げられていた沢山のスイカを見て子供達は興奮状態。店の方が、その場で切って出して下さいました^^;

2009.08.31 petalo4

普通は客があまり入ることのないエリアだけど、素敵にディスプレイされていて好印象です。…と書いてみたけど、客は魚の現物を見に行って選ぶので、ここも見せエリアですね。

2009.08.31 petalo5

調理台に置いてあった貝類を見せてもらいました。漁師の方が名前を教えて下さったのですが、ニハキャ(チャンバラ貝)くらいしか覚えてません

2009.08.31 petalo6

こちらは、多分フスカ(ホヤの仲間のようなもの?)などだったかと…。

2009.09.01 petalo7

翌日の夕方、食事に行ってみました。
薄暗いのにフラッシュ無しで撮ったからボケボケですが、ポテトサラダです。いろんな野菜が入ってるタイプで、ニンニクが効いています。

2009.09.01 petalo8

4種のオストラカ(貝類など)盛り合わせ。
お願いしてウニも入れてもらったので5種類入ってます
真ん中のオレンジのがウニ(日本で見かけるタイプとは違って小さいですが)、くるんとカールした身のがニハキァ(チャンバラ貝)、茶色っぽいのがピナ(地中海タイラ貝?)、黄色とオレンジ色のがフスカ(Microcosmus sabatieriもしくはsulcatus ?)、あと写真では見えませんが黒っぽい身の貝(カサ貝みたいなもの?)。

ちなみにピナやフスカはシミ島名物のスピニアロやフスキアロ(海水と一緒に瓶詰めにした保存食。生のまま、レモンやオリーブオイルをかけて食べる)に使われるものですが、こういう盛り合わせだと少しずついろいろ味わえるのでおすすめ。
磯の香りも塩気も結構強いのだけど、とってもお酒が進む味なんです。ワインやビールなんかだと弱くてあまり合わないので、これには是非スーマ、チプロ、ウゾなどの蒸留酒をどうぞ。

2009.09.01 petalo9

家族は大き目の魚しか食べられないので、スカサリ(メジナモドキ)も頼みました。メインの魚には温野菜の盛り合わせが付いてきます。
美味しかったのだけど、日本人の好みには微妙に焼きすぎだったかも?こういう魚は値段が高いのも難点なんですよね。小さい魚の方が安くて美味しいのでおすすめです。

私はタコ、イカ、エビ、小魚なんかと上のオストラカ盛り合わせで満足なので、次回はメゼ中心で攻めてみようかと思います♪

人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

↑このページのトップヘ