ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

カテゴリ: 旅行・観光・お散歩

今回の帰国ではスケジュールの調整が難しくて人に会ったりというようなことはほとんどできなかったのですが、慌しいながらも、地元の風景やおうちごはんに癒されました。

IMGP8117
前の記事に書いた通り、暑さに負けて散歩は諦めたのだけど、お漬物を買いに行ったついでに少し写真を撮ってきました。


IMG_20230905_095638
夏の終わり、黄金の稲穂と緑の山と青空の懐かしい風景に感動。


IMGP8116
地元の特産品である赤紫蘇も、採種用か残っているところがあって見ることができました。


IMG_20230831_084937
昔住んでいた頃と田舎度はほぼ同じですが、いろいろ変わったのも感じます。
稲作は大変なのでやめてしまったところが多いですね。畑に転用されず空き地になっている場所も結構あって、ちょっと寂しい気持ちに。子供の頃よく通っていた“近道”も、草が生い茂って通れなくなっていました。

IMG_20230905_060831
実家の庭も祖父が手入れをしていた頃と比べ少々ワイルドになっているけど、よく言えば、いろんな植物が生えていて楽しい。


IMG_20230831_064950

こういうしっとりとした緑はギリシャではあまり見ることができないので、心も潤います。


IMG_20230902_205905
タイミングよく地元のお祭りに行けたことは、今回うれしかったことのひとつでした。盆踊りを逃して残念だったな……と思ってたところだったので。


IMG_20230902_205557
すっかり日が暮れてから神社へ向かうと、鳥居をくぐってからもライトで足元を照らさないといけないほどの暗さで、本当にここでお祭りが?というような雰囲気。


IMG_20230902_200832
境内に近づくとようやく祭囃子と灯りが漏れてきて、ひっそりと行われている田舎のお祭りという感じがしてよかったです。

IMG_20230902_201821
昔からここに住んでいる人、移住してきた人、外へ出て行ったけどお祭りのために戻ってきた人……時代の流れで顔ぶれは変わっても、伝統的な行事が継続されてるのはいいですね。娘達も、浴衣を着て夏祭りに行くというのを体験して楽しかったようです。


IMG_20230902_201613
それにしても、とにかく暑かったので程々のところで切り上げて退散。この日は晩ごはんのメニューもノスタルジーを感じるものでした。


IMG_20230902_213608
メインはコールドサーモンのタルタルソース添え。母が昔よく作っていた定番メニューのひとつだったのだけど、最近また懐かしくなってたまに登場するそう。
フライパン焼きなすに生姜醤油というのも、夏の間頻繁に登場する一品。これは家庭によってバリエーションがありますが、うちはただの生姜醤油で食べるというシンプルなもの。ギリシャでも作れるけど、日本のなすだと全然違うんですよね。しかもうちの畑で採れたものなので、永遠に食べ続けたいおいしさです。


IMG_20230831_070212
畑で採れたものというと、スイカもしっかり甘くておいしかったし、他の野菜もいろいろ堪能しましたよ。


IMG_20230906_203344
日本では外食も楽しみだけど、飾らないおうちごはんが最高。海外に長く住んでると、どちらかというと地味なものを食べたくなります。


IMG_20230908_192514
実家の食卓に上る料理にも、時代の流れを感じますが。ゴーヤーチャンプルーって昔は私がひとりで作って食べてた気がするけど(当時まだあまり馴染みのない味だったので)今は普通に登場します。


IMG_20230903_205158
とにかく白いごはんが大好きというほどではない私ですが、やっぱり日本にいると結構食べてしまいますね。塩と紫蘇だけで漬けてしっかり発酵させたしば漬けだとか、ちりめん山椒があると、それだけで満足。

IMG_20230905_191508
ここ何度かの帰国で定番化しているバーベキューも。またシャウ生姜が焼かれてますが、手作りの鹿ソーセージなんかもありました。


IMG_20230905_191840
前の日に大阪へ行ってたので、コリアンタウンで買ってきたキムチ(えごまの葉だけ自家製)やマッコリと一緒に楽しみました。


IMG_20230905_190019
丸ごと炭火で焼いたなすは、ギリシャから持ってきたケファロティリを使ってこちらのレシピの焼きなすサラダにしました。これが今回作った唯一のギリシャ料理っぽいもの。時間に余裕があれば、もうちょっとちゃんとしたギリシャ料理も作って振る舞いたかったんですけどね。次回の課題とします。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

いつになく長い間ブログを更新してませんでした。
前の記事が体調悪そうな内容でしたが、夏休みの締めくくりは、パンデミック前の2019年以来の久々の帰国を楽しんでいました。

IMG_20230831_064238
思えば、この時期の日本って2○年ぶりなんです。ギリシャへ移住する前に半年ぐらい帰国していたことがあって、そう考えると子供の頃以来日本の秋というのは体験していないのです。夏の終わりにも全く衰えない暑さはきつかったけど、今回の帰国ではほんの少し秋も感じられてよかったです。
時期に縛られず旅行できるようになったら、10月11月ぐらいに帰国したいなぁ……紅葉の季節の京都は混雑が恐ろしいけど。


IMG_20230829_035220
フライトはヨーロッパ経由はいい印象がないので極力避けてます。今回はドーハと香港2回のトランジットでかなりの長旅。前回の帰国中は著しく体調を崩したこともあって、体力のない私に耐えられるだろうかと心配でしたが、何事もなく日本を満喫し、無事にギリシャへ戻ってきました。


IMGP8100
ドーハへは夜中に到着(ちなみにカタールはギリシャとは時差がないのです)。空港で寝て次のフライトを待ってもいいかなと思う時間帯ですが、夫の提案で、街へ出て夜景を楽しんできました。


IMGP8099
空港の外に出ると、真夜中でもモワッと蒸し暑い。砂漠の国なのにこんなに蒸すの?って思ったけど、カタールは海に囲まれてるから湿度が結構高くなるんですね。


IMG_20230829_020853
夜なので全て閉まってますが、ライトアップされたビル群が綺麗でした。


IMG_20230829_024831
それに昼間は道路が混んでるかもしれないし、暑すぎて外を歩けない気がする……。


IMG_20230829_020133
サッカーワールドカップの名残も。日本がある!と、次女が見つけました。


IMG_20230830_044854
入国手続きしてタクシーでちょっと街を見ただけで数時間潰せたので、残りの待ち時間はうとうとし、香港を経由し関空へは早朝の到着。ちなみに飛行機は香港⇔関空がキャセイパシフィック航空で、あとはカタール航空でした。


IMG_20230830_072821
関空から京都駅までバスで行って家族にピックアップしてもらうのが大体いつものパターンで、これが一番楽な気がします。バスだと空港出てすぐのところに乗り場があるし、特急の電車と比べ料金が安く、所要時間も大して変わらないので。空港からのバスは予約や座席指定はできないようですが、早朝だったせいか私たちの他に2人しか乗ってなくてほぼ貸切状態でした。

無事に妹と合流し、途中スーパーへ寄ってから実家へ。初日は午後丸々時間があるから地元を散策しようというのが私の思い描いた計画だったのだけど、旅の疲れはそれほどなかったものの、蒸し暑さへの耐性が低すぎてあっけなく諦めました。


IMG_20230830_215848
初日の夜はおうちごはん。妹が作っておいてくれた野菜の揚げ浸しや、ずっと食べたかったシャウ生姜(他のものを用意してたら少しシワシワになってしまった……)など。


IMG_20230830_223419
そして〆はグリル猫町の夏鹿のカレーという、最高な晩ごはんでした。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

去年のバカンス記事、かなり間があいてしまいましたがこれで最後です。

****************

シミ島で、もうひとつしておきたい“朝の散歩”がありました。

2022.09.05a

最終日の早朝にひとり起き出して、まだ空気がひんやりしているうちに向かったのは、古い風車が並ぶ丘。その先にあるポンディコカストロと呼ばれる史跡に行きたかったのです。

ポンディコカストロについては、たびこふれに書いた記事をご覧ください。



円く石が積まれた墳丘状のポンディコカストロは新石器時代に築かれた古墳ではないかと考えられているようですが、発掘調査はされておらず詳しいことはわかりません。

2022.09.05c
古墳としてはとても小さいし地味な見た目なのだけど、なぜか惹かれるものがありシミ島での私のお気に入りの場所です。何度も行っているのは、うちから近いというのも大きな理由ですが。


2022.09.05b
風車はほとんどが廃墟になっていますが、リノベーションされてホリデーアパートになっているものも。シーズン中はいつも、実のついたウチワサボテンが飾られていてフォトジェニックです。


2022.09.05d
風車の廃墟と民家が並ぶ緩やかな坂道を歩いていき、鉄の門をくぐると辿りつきます。アテネへ戻る前にここからの絶景をしっかり見ておこうかなぐらいの気持ちで行ったら、ぺディ方面ではまだほとんど出てなかった海葱があちこちからニョキニョキと伸びているではありませんか!


2022.09.05e
そういえば、夏の終わりに来たのはいつぶりでしょう?しばらくは8月に島へ来ることが多かったし、今回と丁度同じ時期(9月のはじめ)だった2021年のバカンスではポンディコカストロには来なかったのです。


2022.09.05f
子供たちの夏休み中にしか旅行できないので昔のように観光シーズンの終わる頃のバカンスは無理なんですが、9月はじめのポンディコカストロでは海葱をいっぱい見ることができるとわかって、私的には今回の旅で一番の収穫となりました。


2022.09.05g
一番育ってたのでこれぐらい。9月半ばぐらいだと、花が開いてるのが見られたでしょうね。


2022.09.05h
2022.09.05i
海葱を激写したあとは、ポンディコカストロの横の岩にある洞穴を覗いてみたり、岩に登って360°ぐるっと景色を眺めたり。アギア・マリナ方面への道を歩き出したらどこまでも行けそうな気がしてきたけど、日も高くなってきたのでほどほどにして帰路につくことに。


2022.09.05j
廃墟の石窯。


2022.09.05k
民家の扉の前でくつろいでいた猫。


2022.09.05l
村のパン屋さんを覗いてみたら、教会の聖体礼儀用のパンが焼けたところでした。

家に戻ったらみんな起きてきたところだったので、いつものコーヒーとクルラキァで朝ごはん。その後は、夕方までゆっくりと荷作りや家の片付け。帰りもフェリー泊なので、船に乗り込む前に晩ごはんは済ませておくのですが、港町の店でギロピタを買って食べるのが定番化しています。


2022.09.05m
2022年のシミ島旅行記は、これにて完結。お付き合いくださった読者の皆さまもお疲れさまでした!
散歩動画は追記に載せておきますので、よろしければそちらもご覧ください


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


続きを読む

記事が長くなりすぎるので分けましたが、ぺディ→アギオス・ニコラオスの前に土地の様子も見に行っていました。ちょっと話が前後します。

2022.09.04a

****************

夫の母方の家族は元々クレタ島の出身。戦争やら何やらでシミ島に移住し、優雅なエジプト生活を経てアテネに来ました。なかなかすごいですが、ギリシャでは結構よく聞く話。特に、一度も働くことなく生きてきた叔母さんは“古き良き時代”のエジプトやアテネをしきりに懐かしがっていました。

シミ島では丘の上に建つ風車や、土地もあちこちに所持していたそう。いろいろあって、サマーハウスとして使っている家以外ほとんどは失われてしまい、残っているのは辛うじて義母が守った小さな土地だけ。


2022.09.04b
ぺディ湾が見えるという以外は取り柄のないその土地の様子を、夫と私たちが毎年見に行っています。


2022.09.04c
見張ってないと誰かが勝手にフェンスで囲ったりするかもしれないというのもありますが、継続することに意義を見出している(財産には全く執着がない)夫に家族が付き合っている形。


2022.09.04d
長女がまだ幼児だった頃から歩いている田舎道は、最初の何回かは遠く感じられてちょっと(かなり)うんざりしました。ビーチ行きの軽装で歩いてると枯れ草にひっかかれて痛いし、特に面白みもない道なんですが、昔はあったアーチのようなウチワサボテンがなくなったな〜とか、ちょっとした変化を心にメモしながら進みます。


2022.09.04f
今年の変化。土地へ向かう道の最初の方にあった、羊や山羊が飼われている場所がもぬけの殻になっていました。私たちは年に一度しか来ないから、あんなにベエベエ騒がしかった羊たちが、まるでふっと消滅してしまったように感じられて不思議。


2022.09.04g
草を食べる動物がいないので、生い茂った雑草がそのまま立ち枯れになっていました。


土地はただの空き地なので、着いたら写真を数枚撮って、すぐに引き返します。夫はいつも決まった木からどんぐりを2つ取って子供たち(と言ってももう二人とも大きい…)にひとつずつ渡し、私は野生のセージを少しだけ摘みます。


2022.09.04e
帰り道の風景と、


2011.08.27
こちらは11年前に撮った同じ場所。
植物観察をしながら歩く私は、家族の後ろ姿をよく撮っています。


2022.09.04h
道中見つけた、小さな秋。


夜はイァロスの広場の横のレストランで食べるつもりで行ってみたら、夕方なのに開店準備をしてる気配がありません。近所の人に訊いてみても知らないと言うので、時間つぶしにニンボリオの方まで行ってみました。


2022.09.04i
こちら方面は何年も前にノスビーチの少し先まで行って以来だったのだけど、いつの間にかニンボリオまで道が綺麗に舗装されていて、新しそうなホテルもできていました。


2022.09.04j
イァロスへ戻る途中に海沿いのレストランのメニューをチェックしていると、ホリオのカストロ(城塞)の教会から花火が揚がりました。一年前のほぼ同じ日には、パンデリスのレストランで食事を終えて帰ろうとした時にこちら側の岸にある教会から花火が揚がったんでしたっけ。あの時は結婚式か何かだったようだけど。


2022.09.04k
もう一度広場に戻っても目的のお店は閉まったままだったので、その近くのネライダというタベルナで夕食。スペシャリテのメニューからグレープフルーツのソースやファヴァのピュレを添えたタコの料理を頼んだら、想像してたのとはちょっと違う感じのが出てきました。ミートボール風じゃない揚げタコ、ギリシャで出会ったのは初めてかも?タコ自体悪くはなかったけど、付け合せとの相性を考えると煮るか焼くかした方がいいような……。ここはごくシンプルなメニューを頼む方がおすすめです。


超ショートな動画
ホリオのカストロから花火が打ち上げられる様子です。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

比較的長く島に滞在する時は1日置きにビーチへ行くのだけど(毎日だと洗濯が大変なので)、ほんの3泊だったので2日続けてビーチ。

2022.09.04 pedi to agios.nikolaos1
マラスゥンダの次ぐらいによく行っている、アギオス・ニコラオスです。
ここは車もボートも使いたくない方でも行きやすいですよ。

****************

シミ島の玄関となる港町(イァロス)から離れたビーチは大体どこもタクシーボートでアクセス可能ですが、まあまあコストがかかるので、できるだけ安く行きたい方も多いでしょう。
港から離れた場所の方が海がきれいで静かだったりするので、時間に余裕があるならちょっと足をのばしてみるのがおすすめです。今回ご紹介するアギオス・ニコラオスも落ち着いた雰囲気で、またこちらは比較的遠浅な小石混じりの砂浜なので子連れにも最適。



健脚の方は、イァロスから徒歩で行ってみてはいかが?マップでルートを見てみると、50分ぐらいで到着するようですよ。

イァロス〜ぺディ間はバスも通っているので、ボートを使わずに一番楽に行こうと思えば、ぺディまでバスで行くと徒歩20分ぐらいでアギオス・ニコラオスに着きます。ぺディの端っこから海を見下ろすルートを歩いて行きますが、アギオス・ニコラオス手前の岩がちなところだけちょっと注意が必要。全体的になだらかな道なので、うちは子供が小さい頃から徒歩で行っています。

イァロスからのバスは、「風車跡が並ぶ場所」、「ホリオ(村)の下のキオスク前」、「ぺディ」に停車するので、見たい場所があればそこで降りてゆっくり散策するのも楽しい。イァロスからホリオ方面へ来る時は上り道だけがちょっとしんどく、あとは下り道と平らな道が続きます。風車のところで降りてそこから見渡せる絶景を楽しんだり、ぺディまでのんびり歩くのもいいものです。見どころというほどでもないですが、ぱっとしない小さな発電所の建物があったり、教会や民家が点在するのを眺めつつ歩くのが好き。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos2
ぺディの写真は今年はあまり撮らなかったので、一部去年のも織り交ぜて。ここのビーチでは私たちは泳がないんですが、とても穏やかな湾で子供やお年寄りにも人気のよう。小さな集落ですが、ホテルや飲食店が何軒かあります。ぺディはイァロスのパッと目を惹く風景とはまた違い、なんとなくノスタルジックでひなびた空気感が漂う場所です。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos3
ペンキ塗りたてできれいに保たれているおうちも素敵だけど、こういう色褪せた感じがとても好き。勝手に生えてるっぽいいちじくの木との組み合わせにキュンとします。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos4
同じようなポーズで気持ちよさそうに寝てた猫たち。人間のきょうだいもよくこんな風にシンクロしてますよね。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos5
ぺディの集落を出た辺り。

以前も何度か書いていますが、ホリオからの道はぺディ湾のほぼ真ん中に出ます。向かって右手に進むとアギオス・ニコラオス、左手に進むとアギア・マリナ。アギオス・ニコラオスの方が少し距離が短く、道も歩きやすいです。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos6
海沿いの道を歩いていきます。辺りに自生するハーブが海風に乗って時折香り、とても気持ちがいいです。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos7
午後6時前でしたが、まだ眩しい紺碧の海。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos8
軽く歩いて、ちょっと泳ぐのに丁度いい時間帯です。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos9
ここはパラソルとサンベッドが有料ですが、私たちはそんなにゆっくりしないので教会の前辺りに荷物を置いて泳ぎに行きます。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos10
アギオス・ニコラオス教会の門の横に描かれてた古いタイプの国旗は去年来た時に見たら塗り潰されてました(写真は今年の。塗り方が甘くてうっすらと国旗が透けて見えます)。写真を見返してみると、国旗のイラストは2020年まではあったよう。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos11
岩山のてっぺんに建てられた十字架も同じ時に白く塗られたようで、2020年の時点では青い色でした。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos12
7時頃になり、日が暮れてきたのでそろそろ帰ります。
この辺りでは山羊を見かけないなと思ってたんですが、写真の左上に1頭写っているのに気付きました。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos13
地味だけど、なぜか惹かれる海葱。バカンスの時期的に、満開のところを見る機会がなくて残念に思いながらいつも写真を撮ってしまいます。今回の旅では特にいっぱい撮ったので、お付き合いください。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos14
山の向こうに沈みゆく太陽に照らされたぺディの風景。


2022.09.04 pedi to agios.nikolaos15
あたたかなオレンジの光に包まれて、穏やかな夕暮れのひととき。

ぺディで食事をしてもよかったけど、また車に乗り込んでイァロス方面へ向かいます。来る前に立ち寄った土地で摘んできたセージを車内に置いてあったので、とてもいい香り。



よかったらショート動画もあわせてご覧ください
内容は、バスが通る道を風車の手前まで上るところ→ビーチへ向かう前にちょっと別のところへ(今回入れるつもりだったけど長くなりすぎるので次回に)→ぺディから歩いてアギオス・ニコラオスに到着するまで。



ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ