ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

カテゴリ: 献立

年数を数えるのが恐ろしいほどずっと我が家では日曜にピッツァを作ってるのですが、ここ何か月かは新たに土曜の焼肉が定番となっています。

2020.10.03

今年はロックダウンがあったりもしたので、2月以来バカンスを除いては外食ゼロ。基本的に晩ごはんを作らない日と決めていた土曜日は何度かテイクアウトで済ませたこともあるんですが、それもスブラキ系が多かったので、もう家で作ればいいよね〜という結論に至りました(主に夫が)。

そんなわけで、今日の写真は土曜日のギリシャ焼肉です。
私は毎週食べたくないからアジア風に料理することも多いのですが、一昨日はギリシャ気分だったのでこんな感じになりました。

うちで作るのはスブラキ(串焼肉※)じゃなく簡単なフライパン焼き肉。シンプルな味つけで焼いた肉に、ジャジキ(きゅうりとヨーグルトのガーリック風味ディップ)、オニオンスライス、トマトなどを添えればギリシャの味になるんですよ。付け合せはこれら基本のものに、その時の気分でグリル唐辛子だとかディップ系のものを増やしたりしています。

こういう料理って、個人の好みにあわせてカスタマイズして食べられるのも楽しいんですよね。肉はいつもポークチョップ3切れを4人で分けてるんですが、これは夫と子供たちが脂身のない真ん中部分、私が外側を独り占めしているためです。付け合せも、長女は全部バランスよく、次女はジャジキの代わりにフェタチーズ、夫はジャジキと玉ねぎたっぷり……といった感じ。
撮影に使ったのは自分用に盛り付けたもので、パセリをたっぷり混ぜたオニオンスライス、青唐辛子、ジャジキ、葉アマランサスのサラダという組み合わせです。肉は、普段は付け合せの入る余地なくこのお皿に山盛りなんですが、今回他の料理にも使ったので控えめ。それでもじゅうぶんに食べごたえのある量でした。


※スブラキというのは串焼肉のことを指すので、串に刺してなくてそれっぽく一口大に切ってもいない肉をただ焼いたのはスブラキ風と呼ぶのも少々苦しいです。細かく説明すると長くなるので省きますが、グリルした肉の場合、豚肉(ヒリノ)なら「ヒリノ・スティ・スハラ」か「ヒリノ・スハラス」といいます。また、炭火焼きの場合は「〜スタ・カルヴナ」。




レシピ本「ギリシャのごはん」にはおうちでスブラキ屋さん気分を味わえるレシピもいろいろ掲載しています。興味のある方はぜひこちらもご覧ください。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

5月は私にしては結構いっぱい更新できたなと思ってたら、またここのところバタバタ忙しくてペースが落ち気味です。

2020.06.06 souvlakia

と言っても、料理はいっぱいしてるんですよ。
先週の土曜日は家族がなかなか起きてこなかったし、久々に市場はやめて家にいたので、朝からピタを焼いておいて夕食はスブラキ大会でした。お皿に乗りきらなかったので写ってませんが、他にはハルミチーズのスブラキやチキンのスブラキもありました。



2020.06.06 tyropitakia1

早く使わないと傷みそうなチーズ消費のためにチーズパイも。
子供の学校が昨日までだったんですが、最後の週はこの時に作って冷凍しておいたチーズパイのお弁当。次女の大好物です。


2020.06.06 tyropitakia2

著書に「シミ島風チーズパイ」として掲載しているもので、シミ島のニコレットスベーカリーで売ってるチーズパイをお手本として考えました。あちらのは、この数倍のサイズで閉じ方も違うんですけど。普通の溶けるタイプのチーズでとてもおいしくできるのです。最近は朝ごはんを食べられない私ですが、このチーズパイは朝からいけます!コーヒーのお供にもぴったりなんですよ。


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)


2020.06.06 tyropitakia3

トレーにこんな風に並べて凍らせ、袋に入れて冷凍保存しておけます。こうやって作っておくと、あとは食べたい時に焼くだけなので便利です。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

復活祭に向けて、動物性の食品をとらない断食期間が昨日カサラ・デフテラから始まりました。
うちは断食はしないので普通に肉も卵も乳製品も食べますが、行事としてこの日は特別なメニューを毎年楽しんでいます。

2020.03.02a

ちょっと節約モードだったのと、買い物をあまりできなかったので割とシンプルに……。

・イカ墨ごはん(スピオピラフォ)
・バナナピーマンローストのマリネ
・タラモサラタ
・ラガナ

植物性の食品、そして血の出ないシーフードなら何でもOKなので(厳しくやる人はオイルも不使用だったりしますが)カサラ・デフテラの食卓はシーフードのご馳走が並ぶという家庭が多いです。

これだけは外せない!という一品はラガナ。平たく大きく焼いたパンで、ゴマを散らしてあります。元々はイーストを使わないパンとのことですが、現代見られるのは普通に発酵させたパンなのでおいしく食べられます。こちらも定番のタラモサラタをラガナにつけて食べると最高!ごくシンプルにやるなら、ラガナとタラモサラタ、あとはオリーブやピクルスがあると立派なカサラ・デフテラメニューになります。

とは言え、せっかくシーフードを食べる日なのでちょっと自分を甘やかしたく、今年は甲イカを買ってきてもらいました。何にしようかな〜と考えた結果、副材料に乏しかったのでシンプルな墨煮に。これはそのまま食べてもいいおつまみになるし、こうやって米やパスタとあわせても。リゾット……と呼びたくなるかもしれませんが、ギリシャでよく作られる「ピラフィ」は作り方が違うので「ごはん」と呼んでおきます。ピラフィ=ピラフでもいいんですが、ピラフと言うとパラッとしたイメージで誤解されるかもしれないので難しいですね。

イカやタラマを食べるのは私だけなので、家族は断食メニューじゃないものに。赤魚のプラキ、チキンのシーザーサラダなどを作りました。うちは誰も宗教を気にしないとは言え、仏教徒の私が断食メニューでクリスチャンの家族が普通メニューというのがなんだかおかしかったけど、みんな満足なのでよしとします。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


街へ出てないのであまりそれっぽい雰囲気は感じないのですが、カーニバルシーズンですね。
宗教的には復活祭前の断食期間が近づき、それに向けて肉をいっぱい食べておく肉週間のハイライトが昨日チクノペンプティ(肉を焼く煙の匂いの木曜日)でした。

2020.02.20

本来の意味では炭火焼がいいんですけど、おうちごはんなので簡単にフライパン焼きポークのメニュー。家族にはガーリックやオレガノを使った味付け、自分用はフェンネルシード風味にしました。

作り方は、塩胡椒とともに粗くつぶしたフェンネルシードをたっぷりとすり込んで焼くだけです。前にシロス島出身の方にごちそうになったバーベキューがフェンネルシード風味だったので、それを思い出して。シロス島ではフェンネルをよく使うらしく、ミートボールやソーセージにもフェンネルシードを入れたりします。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


ここのところ結構暑いアテネです。

2019.06.14 meze

スーパーを4軒はしごしてクタクタになって帰ってきたら、丁度いい感じに日が傾きかけてたので(ええ、太陽のせいです)冷えた白ワインとメゼでひと休み。

こないだの余ったぶどうの葉っぱのうち小さいのを使って、ひとくちサイズのサガナキを作りました。今回はケファログラヴィエラという羊乳ハードチーズを使用(山羊乳も混ぜてある場合も)。葉っぱで包んでオリーブオイルで焼きましたが、羊か山羊のバターでもいいと思います。

あとの2品は作り置きのもの。ファヴァと、赤ピーマンローストにマイダノサラタというパセリのディップ。マイダノサラタは文中リンクしたレシピでは玉ねぎも入れてますけど、今回のはパセリとにんにくだけです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ