ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

カテゴリ: 献立

元日のごはん、今年はカネロニでした。

2021.01.01c
クリスマスに年越しとブロック肉を使った料理を食べる機会が多いので、大晦日かお正月のどちらかは気分を変えたくてカネロニかラザーニャが我が家では定番となっています。

予定ではひき肉を使ったものにするつもりだったのだけど、それはまた今度にしてほうれんそうのカネロニにしました。

……と、その前に。日本のお正月料理らしいものはほとんど作らないんですが、お雑煮は一応たべましたよ。
2021.01.01d
私の実家のお雑煮は、基本的に餅しか入ってないシンプルな白味噌仕立て。お餅は自家製の丸餅を焼いて入れていたけど、去年のお正月用にもらった切り餅がまだ少し残っていたのでそれを使用(賞味期限今年の8月まで。長持ちするものですね!)。2019年の12月に友達がアテネに遊びに来てくれて、お土産の他に日本の家族からの荷物もいっぱい運んでくれたのですが、もう一昨年のことになるんですね 白味噌もその時のが冷凍してあったので、今回は作らずに済みました。


2021.01.01e
晩ごはんに話は戻って。カネロニと、あと妙な組み合わせですが私と長女は2日目のおでんも。

ラザーニャの場合はいつも手打ちパスタで作るんですが、うちのカネロニはクレープを使う時が多いです。おやつで食べるクレープより卵の割合を減らして、牛乳と水で溶いて生地を作っています。

フィリングは茹でたほうれんそうに、アンソティロ(リコッタチーズに似たギリシャのフレッシュチーズ)とパルミジャーノや溶けるタイプのチーズをあわせたもの。トマトソースとベシャメルソース(ゆるく作ったのを控えめにかける)、さらにチーズをかけてオーブンで焼いてできあがり。
耐熱容器いっぱい結構ギチギチに詰めてしまったので、ソース多めでしたが丁度よかったです。

サラダはルッコラと白菜(上の部分だけ)、ざくろ、生ハムをバルサミコのドレッシングで。


2021.01.01f
忘れるところでしたが、自分用には五目なますも作ってあったので追加。あまり普段と変わらないけど、好きなものを食べて飲んでの新年でした。


【関連レシピ】

こちらも我が家の定番クレープカネロニ。おいしいですよ


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

あまり行事にこだわらない我が家。それでも一応はクリスマスっぽいものを作るべきかな……と考えてたのだけど結局こうなりました。

2020.12.25a

・スローローストポーク
・北ギリシャ風のロールキャベツ
・ロシア風ポテトサラダ
・柿と生ハムのせサラダ


サラダの生ハムは長女の大好物ですが、あとは全部私が食べたい気分だったものです。
と言うのも、みんなが食べられそうな豚もも肉のローストを作るつもりだったんですが、買い物に行った夫がポークチョップ(うちでは土曜日の定番メニュー)も買ってきてくれたので、じゃあ家族にはこれでいいか!次女も確実に食べるし。と、あっさり変更。自分用にはなんとなく塩豚にしておいたバラ肉をローストにすることにしました。

ローストにするには塩気が強すぎるので塩抜きし、あらためて一晩マリネしました。かなり適当なんですが、スパイス(オールスパイス、胡椒、クミン、カイエンとシナモン少し)、セイボリー、おろしにんにく、ディジョンマスタードを袋に入れ、ラキも少し。小さなみかんも2つ半割りにしたのを握りつぶして皮ごと投入。そこに水気をふき取った塩豚を入れてマリネをよくもみ込んで冷蔵庫へ。
翌日、ラックにのせて低温のオーブンで5時間ほど焼いてできあがり。

クリスマスに食べるローストは果物や栗をあわせたりするのがポピュラーで、味つけも蜂蜜やペティメジ(ぶどうの汁を煮詰めたシロップ)など使って甘くするのが多いですが、夏に作ってあったメロンの甘いピクルスを添えたかったので、みかんをマリネに使った以外は甘味なしのローストにしてみました。メロンピクルスとマスタードをほんの少しのせて食べたら、期待通りのおいしさで満足


2020.12.25b

ロールキャベツはギリシャの伝統的なクリスマス料理のひとつです。
アヴゴレモノ(卵レモン)ソースのが食べたい気分だったんだけど、夫が食べる可能性も考えてソースなしにしました。北ギリシャでは漬物にしたキャベツで巻くのも定番なのですが、今回使ったのはしっかり漬かる前の漬物キャベツ。先週キャベツを買った時に冷蔵庫のスペースがなかったので、収納できる大きさになるまで葉をはがして、それをロールキャベツに使おうと思って漬けてあったのです。

ロシア風ポテトサラダ(オリヴィエサラダ)は、いろんな国で人気ですね。ギリシャでもロシキ・サラタと呼ばれポピュラーで、出来合いのもよく売られています。

もうひとつのサラダはレタスとルッコラをちぎって、柿と生ハムをのせただけ(トッピングは撮影後にもっとたっぷり追加します)。ドレッシングはバルサミコ酢で作りました。


2020.12.25c

家族用は、全くクリスマス感のないスブラキ風のいつものやつ。
写真は長女のワンプレートで、夫はジャジキやオニオンスライス山盛りだったり、次女はジャジキの代わりにフェタチーズだったり、各自の好みにあわせてカスタマイズして出してます。

ちなみにデザートは写真撮ってないけどシンプルなビッシュドノエルでした。


トップのメニューは長女も食べるものなので、今日は私と長女が昨日と同メニュー。ほぼ料理はせず久々にのんびりした一日になりそうです


そうそう、アヴゴレモノソースのギリシャ風ロールキャベツは夏に発売されたレシピ本に載せてますので、よかったらお試し下さいね。自分でも気に入ってる料理のひとつです。


ギリシャのごはん (うちで楽しむ、とっておきレシピ65)


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

ギリシャは11月7日から2度目のロックダウン生活ですが、延長に延長を重ね来月の7日まで続くそうです。その後、どうなるかはわからないけど……。

2020.10.21

アテネは毎年クリスマスデコレーションが遅めなんですが、今年はどうなるのかな?先週出かけた時に見た限りでは、中心エリアは特にそれっぽいものは見かけなかったです。
我が家のような引きこもり家族ならともかく(普段と変わらなすぎて、これはこれでいかがなものかと)、多くの人にとっては寂しいホリデーシーズンになりそうですね。


今回の料理写真は随分前に撮ったもの。おなじみケフテダキァ(ギリシャ風ミートボール)とギリシャサラダですが、ちょっと気が向いてフェンネルシード風味にしてみました。フェンネルシードってギリシャ料理ではあまり使わないんですけど、なぜかシロス島では多用されるみたいで、たとえば豚肉を焼く時にたっぷりまぶしてあったりします。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

年数を数えるのが恐ろしいほどずっと我が家では日曜にピッツァを作ってるのですが、ここ何か月かは新たに土曜の焼肉が定番となっています。

2020.10.03

今年はロックダウンがあったりもしたので、2月以来バカンスを除いては外食ゼロ。基本的に晩ごはんを作らない日と決めていた土曜日は何度かテイクアウトで済ませたこともあるんですが、それもスブラキ系が多かったので、もう家で作ればいいよね〜という結論に至りました(主に夫が)。

そんなわけで、今日の写真は土曜日のギリシャ焼肉です。
私は毎週食べたくないからアジア風に料理することも多いのですが、一昨日はギリシャ気分だったのでこんな感じになりました。

うちで作るのはスブラキ(串焼肉※)じゃなく簡単なフライパン焼き肉。シンプルな味つけで焼いた肉に、ジャジキ(きゅうりとヨーグルトのガーリック風味ディップ)、オニオンスライス、トマトなどを添えればギリシャの味になるんですよ。付け合せはこれら基本のものに、その時の気分でグリル唐辛子だとかディップ系のものを増やしたりしています。

こういう料理って、個人の好みにあわせてカスタマイズして食べられるのも楽しいんですよね。肉はいつもポークチョップ3切れを4人で分けてるんですが、これは夫と子供たちが脂身のない真ん中部分、私が外側を独り占めしているためです。付け合せも、長女は全部バランスよく、次女はジャジキの代わりにフェタチーズ、夫はジャジキと玉ねぎたっぷり……といった感じ。
撮影に使ったのは自分用に盛り付けたもので、パセリをたっぷり混ぜたオニオンスライス、青唐辛子、ジャジキ、葉アマランサスのサラダという組み合わせです。肉は、普段は付け合せの入る余地なくこのお皿に山盛りなんですが、今回他の料理にも使ったので控えめ。それでもじゅうぶんに食べごたえのある量でした。


※スブラキというのは串焼肉のことを指すので、串に刺してなくてそれっぽく一口大に切ってもいない肉をただ焼いたのはスブラキ風と呼ぶのも少々苦しいです。細かく説明すると長くなるので省きますが、グリルした肉の場合、豚肉(ヒリノ)なら「ヒリノ・スティ・スハラ」か「ヒリノ・スハラス」といいます。また、炭火焼きの場合は「〜スタ・カルヴナ」。




レシピ本「ギリシャのごはん」にはおうちでスブラキ屋さん気分を味わえるレシピもいろいろ掲載しています。興味のある方はぜひこちらもご覧ください。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

5月は私にしては結構いっぱい更新できたなと思ってたら、またここのところバタバタ忙しくてペースが落ち気味です。

2020.06.06 souvlakia

と言っても、料理はいっぱいしてるんですよ。
先週の土曜日は家族がなかなか起きてこなかったし、久々に市場はやめて家にいたので、朝からピタを焼いておいて夕食はスブラキ大会でした。お皿に乗りきらなかったので写ってませんが、他にはハルミチーズのスブラキやチキンのスブラキもありました。



2020.06.06 tyropitakia1

早く使わないと傷みそうなチーズ消費のためにチーズパイも。
子供の学校が昨日までだったんですが、最後の週はこの時に作って冷凍しておいたチーズパイのお弁当。次女の大好物です。


2020.06.06 tyropitakia2

著書に「シミ島風チーズパイ」として掲載しているもので、シミ島のニコレットスベーカリーで売ってるチーズパイをお手本として考えました。あちらのは、この数倍のサイズで閉じ方も違うんですけど。普通の溶けるタイプのチーズでとてもおいしくできるのです。最近は朝ごはんを食べられない私ですが、このチーズパイは朝からいけます!コーヒーのお供にもぴったりなんですよ。


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)


2020.06.06 tyropitakia3

トレーにこんな風に並べて凍らせ、袋に入れて冷凍保存しておけます。こうやって作っておくと、あとは食べたい時に焼くだけなので便利です。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ