ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

タグ:おうちごはん

元日のごはん、今年はカネロニでした。

2021.01.01c
クリスマスに年越しとブロック肉を使った料理を食べる機会が多いので、大晦日かお正月のどちらかは気分を変えたくてカネロニかラザーニャが我が家では定番となっています。

予定ではひき肉を使ったものにするつもりだったのだけど、それはまた今度にしてほうれんそうのカネロニにしました。

……と、その前に。日本のお正月料理らしいものはほとんど作らないんですが、お雑煮は一応たべましたよ。
2021.01.01d
私の実家のお雑煮は、基本的に餅しか入ってないシンプルな白味噌仕立て。お餅は自家製の丸餅を焼いて入れていたけど、去年のお正月用にもらった切り餅がまだ少し残っていたのでそれを使用(賞味期限今年の8月まで。長持ちするものですね!)。2019年の12月に友達がアテネに遊びに来てくれて、お土産の他に日本の家族からの荷物もいっぱい運んでくれたのですが、もう一昨年のことになるんですね 白味噌もその時のが冷凍してあったので、今回は作らずに済みました。


2021.01.01e
晩ごはんに話は戻って。カネロニと、あと妙な組み合わせですが私と長女は2日目のおでんも。

ラザーニャの場合はいつも手打ちパスタで作るんですが、うちのカネロニはクレープを使う時が多いです。おやつで食べるクレープより卵の割合を減らして、牛乳と水で溶いて生地を作っています。

フィリングは茹でたほうれんそうに、アンソティロ(リコッタチーズに似たギリシャのフレッシュチーズ)とパルミジャーノや溶けるタイプのチーズをあわせたもの。トマトソースとベシャメルソース(ゆるく作ったのを控えめにかける)、さらにチーズをかけてオーブンで焼いてできあがり。
耐熱容器いっぱい結構ギチギチに詰めてしまったので、ソース多めでしたが丁度よかったです。

サラダはルッコラと白菜(上の部分だけ)、ざくろ、生ハムをバルサミコのドレッシングで。


2021.01.01f
忘れるところでしたが、自分用には五目なますも作ってあったので追加。あまり普段と変わらないけど、好きなものを食べて飲んでの新年でした。


【関連レシピ】

こちらも我が家の定番クレープカネロニ。おいしいですよ


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

先月からずっと学校も閉まってるので、子供たちの授業もオンラインなんですが、ちょっと困るのが食事の支度です。

2020.12.16 meatballs with leeks

というのも、勉強する時の次女の定位置がキッチンのテーブルなので授業のある時間帯は作業ができないのです。しかたないので休み時間の間にちょこちょこ細切れで仕込みをしたりしてますが、好きなように料理できないのは結構ストレスになりますね……。

画像は昨日の晩ごはん(めずらしく早い投稿!)。
豚ひき肉をちょっと多めに買ってきたので、前日の夜にミートボールを作ってオーブンで焼いておいたのです。それをたっぷりのポロねぎと煮込んでメインのできあがり。計量してないからレシピは書いてませんが、ミートボールの味つけをスパイス系にしたかったのでオールスパイスとマイルドな唐辛子にしたのがよかったです。シナモンも少し入れようかなと思ったけど、今回はなしで。唐辛子は大量にあるコチュカル(韓国の唐辛子フレーク)を使ったけど、ギリシャの材料を使うなら粗びき唐辛子フレークを控えめに加えるか、もしくはパプリカですね。

2020.12.16 meatballs with leeks1
ポロねぎの煮込みにはパセリとセリノ(細いセロリ)を加え、トマトペーストを味つけに少し。最初はディルを入れるつもりだったのだけど、サラダの方に使うことにしたから変更しました。トマト味って言うほどにはトマトペーストは入ってないですが、全くトマトを入れずプレーンな味にしても、アヴゴレモノ(卵レモン)で仕上げてもまた違った感じになっておいしいです。特にアヴゴレモノだとディルを入れるのがおすすめ。

2020.12.16 beetroot with dill spread
サラダは、火曜の市場であまりいいレタスに出会えなかったので今週ちょっとピンチ
非常用に買ってあったパックの蒸しビーツをレンズ豆とサラダにしようかなと思ったのだけど、それは別の日にしてまずは大きな束のディルをやっつけることにしました。

ギリシャではハーブは大体50セントで束の大きさはまちまちなんですが、豪快にすごく大きい束だったりすることも多く、うれしいけど消費がちょっと大変。ディルは使いきれそうになかったら刻んで冷凍しておくんですが、やっぱりなるべくフレッシュな状態で食べるのが理想ですよね。ふとアニソサラタ(ディルサラダ)の存在を思い出しビーツ(塩、ワインビネガー、にんにく少しで和えてあります)に添えてみたら、以前出した時よりも好評でした。

作り方はとても簡単。たっぷりのディルを細かく刻んで、潰したフェタチーズ、ギリシャヨーグルトと混ぜるだけです。フェタよりもヨーグルトの割合を多くし、塩とオリーブオイルで味つけします。クリームチーズやマヨネーズを入れる場合もありますが、ディルとヨーグルトのさわやかでマイルドな味をシンプルに楽しむのが好みです。見た目はジャジキと似てますが、こちらはにんにくが入らずおだやかな味。いろんな料理のつけあわせやソースとしても使えますよ。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

ギリシャは11月7日から2度目のロックダウン生活ですが、延長に延長を重ね来月の7日まで続くそうです。その後、どうなるかはわからないけど……。

2020.10.21

アテネは毎年クリスマスデコレーションが遅めなんですが、今年はどうなるのかな?先週出かけた時に見た限りでは、中心エリアは特にそれっぽいものは見かけなかったです。
我が家のような引きこもり家族ならともかく(普段と変わらなすぎて、これはこれでいかがなものかと)、多くの人にとっては寂しいホリデーシーズンになりそうですね。


今回の料理写真は随分前に撮ったもの。おなじみケフテダキァ(ギリシャ風ミートボール)とギリシャサラダですが、ちょっと気が向いてフェンネルシード風味にしてみました。フェンネルシードってギリシャ料理ではあまり使わないんですけど、なぜかシロス島では多用されるみたいで、たとえば豚肉を焼く時にたっぷりまぶしてあったりします。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

ギリシャ料理じゃない記事が続いていますが、先日はシーズン初の大根餃子を作りました。

2020.10.13 gyoza
大根は一応年中売っているものの、夏場は胃が気持ち悪くなるほど辛かったりでいまいち……。冬季は近所のスーパーでもよく見かけるのですが、少し前に入荷されていたので、早速買ってきていろいろ作っています。

よく作るお気に入りのひとつが大根餃子。餃子の皮の代わりに大根スライスで包んだのもあるので紛らわしいですが、うちで作るのは大根入りの餃子です。


2020.10.13 gyoza1
焼き餃子も好きですが、大根入りのは水餃子にする場合がほとんど。


2020.10.13 gyoza2
割ってみるとこんな感じです。
味つけはシンプルに、大根は大きめでポリポリとした食感を楽しめるように作るのが好きです。

簡単に作り方を書いておくと、まず大根は太めのせん切りにし、軽く塩をして水気が出るまで置いておきます。水気を絞ってから、粗く刻みます。
ボウルに豚ひき肉を入れ、塩、こしょう、醤油、おろししょうがを加え手で混ぜ、刻んだ大根とねぎ、好みでごま油も加え全体に行き渡るまで混ぜます。私は大根餃子にはにんにくは入れないのが好きで、たまに五香粉を少し加える時もあります。
味つけは塩と醤油でシンプルにしてますが、もうちょっとうまみ系のものがあった方が好きな方はオイスターソースぐらいなら加えてもいいかと思います。


2020.10.13 gyoza2
食べる時は黒酢をつけますが(一番上の写真の、たれをかけてあるのは娘用)、ポン酢や柚子胡椒もよく合うのでおすすめ。今回はレモスコの搾りかすも添えてみました。これだけちょんとのせて食べてもいいし、黒酢と両方つけてもおいしいですよ。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

まだ結構暑い日が続いていたアテネですが、そろそろ涼しくなりそう。秋らしい料理も食べたくなり、夏に買ってキッチンの飾りのようになっていたかぼちゃをようやく料理しました。

2020.10.11 steamed pork & pumpkin
何にしようか迷って、かなり久しぶりに中華の蒸し物。
これは実家にあった中華料理の本に載っていたもので、気に入ってノートにレシピを書き写してギリシャへ持ってきたのです。



陳健民さんの著書と思っていたのだけど、調べてみたら息子の健一さんとの共著でした。80年代に出版されたもので、もう中古品しかないのですが、とてもよい本ですよ。高校時代、うちでお泊り会をした時に麻婆豆腐を作って出したな〜とか、この蒸しものを晩ごはんに作ったこともあったな〜とか、いろいろ思い出して懐かしいです。


2020.10.11 winter squash
使ったかぼちゃはこれ。8月のバカンス前に買った時はもうちょっと緑がかっていました。洗ったらやけに輝いて絵みたいな写りになってますが(笑)
これは青空市場のアジア野菜を売ってる店で買ったんですが、ギリシャで普通に見かけるかぼちゃはカット売りされてる巨大で水っぽいのか、バターナッツかぼちゃです。


2020.10.11 steamed pork & pumpkin1
この料理はしっかりした味つけで、蒸しものだけどこってり系。甜麺醤や豆板醤の入った合わせ調味料と米粉を絡めた豚肉とかぼちゃを重ねてじっくり蒸し上げます。実際のビジュアルはどんなものだったかと検索してみたら、前にタロイモで作った時の自分の記事が出てきました。中国語で検索したらいろんなバリエーションが見つかりましたが、豚バラのはお皿にかぼちゃスライスを並べて真ん中に肉を盛ってあるタイプが陳さんのレシピに近い感じでした。

ちなみに今回使った肉は、最近ずっと週末の恒例となっているポークチョップの端部分。端と言っても、ギリシャで売られているポークチョップってバラ肉もたっぷり付いていて大きかったりするんですよ。前の記事に書いたように家族は真ん中しか食べないので、残った部分は私がおいしくいただいています。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします


↑このページのトップヘ