ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

タグ:オーブン料理

最近は月2ぐらいの更新ペースになってますが、今週はもうお肉週間ですね。ギリシャではイースターを前に動物性の食品を断つ断食期間に入りますが、そのさらに前のカーニバルの間にお肉をいっぱい食べる週があります。

2020.02.12a

……という前置きからはあまり関係なく、これは最近作った野菜の料理です。
ギリシャで定番のミックス野菜のオーブン焼きのバリエーションで、今回はカリフラワーをたっぷり入れて作ってみました。
この手の料理はオーブンで焼く方法と鍋で煮る方法があり、どちらもほぼ放置で作れるのでお手軽かつ美味しいのですが、私は断然オーブン派です

今回の作り方、簡単に書いておきますね。

まず野菜を何種類か用意します。その時あるものでいいのですが、じゃがいも、トマト、ズッキーニはいつも入れます。今回はそれプラス、カリフラワーと赤いバナナピーマン(パプリカ)を使いました。トマトはソースにして入れるので置いておいて、その他の野菜は一口大に切ってボウルに入れておきます。

オーブンは(200〜220℃)に予熱しておきます。

トマトソースを作ります。トマトはすりおろすか刻んでおきます。面倒なら皮のままでもいいですが、皮が厚い場合は剥いた方がいいかも?粗みじんか薄切りにした玉ねぎを鍋に入れ、オリーブオイルをたっぷり。これを弱火で色づかせないように炒め(蓋をするといいです)、柔らかくなったら刻んだにんにくも加え香りが立つまで炒めます。
トマトを加え、塩をして煮込みます。酸味が強い場合は砂糖もひとつまみ。スパイスの香りをつけたい場合はシナモンやオールスパイスを(私はホールスパイスを使ってますがパウダーでも)好みで加えます。トマトが崩れてドロッとしたらOK。塩胡椒で味を調えます。スパイスじゃなくハーブ風味にしたい場合、好みで加えておきます(今回はオレガノを少し加えました)。

ボウルに入った野菜にも軽く塩胡椒をして下味をつけ、オリーブオイルも加え全体がコーティングされるよう手で混ぜます。これを耐熱容器に入れます(浅く広げられるような状態が好ましい)。
トマトソースに水を加えシャバシャバの状態にし、野菜の上にまんべんなくかけてオーブンへ。

野菜が柔らかくなり、美味しそうな焼き色がつくまで焼きます。できれば途中一回上下を返すといいです。トマトソースを薄めるのは野菜が柔らかくなる前に焦げ付くのを防ぐためですが、もし途中水分が足りなくなりそうなら水(ガラス容器の場合はお湯)を少し足します。

あと少しで焼き上がりという時に、お好みでチーズを散らします。今回はグラヴィエラという羊チーズを使いましたが、フェタチーズでもいいし、ギリシャ風とはちょっと離れますが他の合いそうなチーズでも。チーズを加える場合は塩加減にそれを考慮して下さい。

ギリシャではこういう料理が熱々で出されることはあまりなく、少し置いて味を落ち着かせてから、もしくは前もって作っておいたのを常温で食べます。冷めないうちに急いで出さなくてもいいのでリラックスしましょう


2020.02.12b

作り方の説明が思ったより長くなってしまいましたが、適当に作って美味しい簡単料理なので、ぜひお試し下さい!ワインにも合いますよ〜


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

日本だともうクリスマス気分も抜けてそうですが、ギリシャは25、26日と2連休のクリスマス♪

2019.12.25 diples

うちは今年はもうそれらしいことはしなくていいや〜と思ってたんですが、なんだかんだでお菓子とか作っちゃいますね。やっぱりあれもこれも作りたい!という気になってきて、でもやることいっぱいで時間がなくてドタバタいつも作るクラビエデスは今回パスしました。

トップの画像はギリシャの3大クリスマス菓子のひとつ、ディプレスという揚げ菓子です。
よく見かけるのはちょっと大きめのロール状になったもので、パスタみたいに薄くのばした生地を長方形に切り、揚げながら巻いていきます。あれも見栄えがしていいのだけど、小さいのをつまみたい気分だったので(それに簡単!)ギザギザカッターで細長く切って揚げました。
揚げる時に少しねじったりすると形に変化がついて盛り付ける時にいい感じになります。


ディプレスのレシピ


メロマカロナは早めに作ってたのですが、あっという間になくなってしまったので2回目にチョコレートがけのを作りました。今年はどちらも薄力粉ヴァージョンで、生地に細かく砕いたくるみを少し混ぜてみました。普通の作り方だと、くるみは仕上げにまぶすだけか、フィリングとして中に入れます。

2019.12.25 melomakarona

チョコがけ面倒だけど、みんなチョコ好きなので好評
最近いろいろ作りたいモードの長女がいっぱい手伝ってくれたので助かりました。


そうそう。写真を撮ってないので書き忘れてましたが今年もフリストプソモを焼きましたよ。

この時のとほぼ同じ。

少し違う点は、カランツをスパイス風味のラキに漬けておいたこと。シナモン、コリアンダー、クローブ(すべてホールスパイス)を漬けて香りを移しておいたラキを使っています。
ちなみに何故写真を撮らなかったかというと、クリスマスイブに焼いてクリスマス当日に食べるはずが、待ちきれない子がいたからですまあビジュアルも同じだし、夜に撮ってもイマイチだしな〜と投げやりな気分に。


2019.12.25 dinner

クリスマスディナーはシンプルにポークのローストとサラダ(自分用の端っこのやつ撮ったら見栄えしなかった)。パンは長女に担当してもらい、フォカッチャにしました。
ポークは塊肉にニンニクやマスタードなど適当に混ぜたのをすり込んでマリネしておき、オレンジとレモンの汁、白ワインなどかけてポテトと(ローズマリー、ニンニクも)一緒に焼いたもの。チキンが食べたかった次女には骨付きもも肉をポテトと一緒にレモン味で。

本当はサイドディッシュにギガンデス豆とか野菜とか作るつもりだったのにすっかり忘れてた……今日は野菜多めのメニューにします。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

ちょっと気力のある時に、とりあえず……と剥いて冷凍しておいた栗で、我が家の定番「栗ごはん」を作りました。

2019.11.27 gemista1
Γεμιστά με κάστανα

過去記事にも書いてますが、私は普通の栗ごはんには特に思い入れがなく、栗の入った米料理と言うとお赤飯かこのイェミスタ(ギリシャ風スタッフドベジタブル)が好きでよく作ります。元々は叔母さんが昔作ってくれた栗入りのイェミスタも、自己流にその時の気分で味付けを変えたりしてるので毎回違うのですが、ごろごろ入った栗のほっくりした甘さは大好きな秋の味覚(もう冬だけど)。作りながら、「今回はどういう系統の味がいいかな」と考えるのも楽しいものです。

肉入りもよかったのだけど、今回は肉なしで。温かさを感じさせるスパイスをほんのり香らせてみました。


2019.11.27 gemista3

フィリングです。オーブンでじっくり焼くため、野菜を炒めて甘味を引き出しておくとかせずに生のままただ混ぜるだけで大丈夫。いずれにしてもオリーブオイルは特に肉なしの場合たっぷり目に入れるんですが、炒めると「重くなる」という人もいますね。

今回ズッキーニのも作ったのでその中身と、玉ねぎ、にんにく、赤ピーマンを刻んで入れてます。赤ピーマンは主張しすぎないよう少なめの量。ズッキーニはたっぷり入れてますが、全部はイェミスタに使わなかったので残りはとりあえず水分がすっかり飛んで色づくくらいにオリーブオイルと塩、にんにくで炒めておきます。

上記の生の刻み野菜に洗った米を加え、大きめに割った栗、小さめに割ったくるみ、カランツかレーズン、あればパセリやディル(パセリを入れたかったところですが切らしてたので冷凍ディル少し)、塩、
胡椒、オールスパイス、シナモン、そしてもちろんオリーブオイルをだーっと加えて味付けします。いつも書いてますが、塩加減は出来上がると薄まるのでこの時点では濃くしすぎた?と思うくらいにすると丁度いいかと思います。トマトの中身をスティックブレンダー(潰せるような道具がなければ果肉を包丁で刻んで汁とあわせます)で潰したのも半分くらい加え、シャバシャバしたフィリングになります。

味付けなど今回のと少し違いますが、詳しくはこちらのレシピを参考にどうぞ。

トマトとピーマンの米詰め秋バージョン・コミッサ叔母さん風(ドマトピペリエス・イェミステス・フティノポリネス・ティス・スィアス・コミサス)


イェミスタは野菜をサポートするのと隙間を埋める役割も兼ねてじゃがいもを一緒に焼くのがお決まりですが、オーブンでじっくり焼かれたポテトってすごくおいしいんですよね〜。これまた秋らしく、今回はさつまいもも入れてみました。


2019.11.27 gemista2

切ってみるとこんな感じ。栗がたっぷり入ってるのが見えるでしょうか?
この料理は焼きたて熱々じゃなく、ちょっと温かいぐらいに冷ましてからの方が味がなじんでおいしいですよ。熱いのがいい人は温めなおして下さい。

炒めてあったズッキーニのことを忘れそうになりましたが(笑)ギリシャヨーグルトと塩、クミンパウダーを加え混ぜたのがイェミスタに添えてある白いものです。仕上げにふりかけてあるのはホットパプリカ。ちなみにイェミスタそのものには動物性食品が一切入ってないので、ニスティシモ(オイルOKの日)、ヴィーガン対応です。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

日曜恒例のピザをはじめ、暑いのに結構オーブン料理をしています。
ある日、子供たちに作ったこのパスタも。

2017.08.03 chicken hilopites

しかしやる気は限りなくゼロに近い……


2017.08.03 chicken hilopites1

またまた登場しましたレーマートプフ。
ここに塩胡椒をすり込んでおいた骨付き鶏もも肉、丸ごとのトマト、赤パプリカ、にんにくを放り込みます。パプリカはあとで種取るのが面倒なので、この時点で種は抜いてあります。オリーブオイルをちょろっとかけてオーブンへ。


2017.08.03 chicken hilopites2

……はい、できあがり〜。

間の写真がないですが、鶏肉と野菜が焼けたところで一旦オーブンから出して、野菜は皮を除いて水をちょっと加えバーミックスでガーッと潰します。

乾燥パスタを食べたい分だけ入れて、その上に焼いた鶏肉。さっきの野菜ピュレとお湯適量を加え、塩胡椒で味をととのえて再び蓋をしてオーブンへ。さらに20分ほど焼いてパスタが柔らかくなったらできあがりです。

パスタはギリシャの伝統的な卵パスタのひとつ、ヒロピテスを使いましたが、ショートパスタを使ったり、短く折ったスパゲッティでも。乾燥状態からそのままオーブン焼きにしたパスタ独特の、むっちりとした食感がおいしいです。

このお料理、普通は丸ごとの鶏でやったり、もしくは骨付きもも肉をひとりあたり1本は使うのですが、うちは子供がパスタメインで食べたいのと、骨を取った肉がいいと言うのでこのスタイルです。

ちなみに、一般的な作り方だとトマトはすりおろして水適量と一緒に最初から加えて焼いたり、フライパンで鶏肉に焼き色をつける&トマトはソースにしておく……など人によって少し違います。今回はパプリカも入れたかったので(焼かないと皮がむけないし)、ついでにトマトとにんにくも丸ごとで焼いてみました。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

私が牛肉をあまり好きではないので(それに他の肉より高めだし…)普段は家族が食べるシュニッツェルやひき肉料理に使う程度なんですが、久しぶりにそれ以外のものを作りたい気分になりました。

2017.07.28 beef & vegetable1

使ってしまいたい野菜がいろいろあったので、ギリシャの家庭料理の基本、たっぷりの野菜とあわせた料理で。ギリシャ料理ではどちらかと言うと肉と単品野菜をあわせる場合が多いですが、ミックス野菜ももちろんおいしいです。ミックス野菜をオーブン焼きや煮込みにした料理はブリアムトゥルルがありますが、それに肉を加えた感じですね。


2017.07.28 romertopf

鍋で煮込むよりもオーブン焼きが好きなので、戸棚の上で埃をかぶってたこれを出してきました。ドイツのレーマートプフですが、ギリシャでも似たようなガストラという調理器具をよく使います。

もっと頻繁に使ってあげたいのだけど、これ、高さがありすぎるため凹型ラックにのせて何とかオーブンに入るんです……。ちなみに我が家のクッカー&オーブンはものすごい年季もので、義母が買ってから30年以上は経ってるはず。納豆や麹作りに丁度いい謎機能があるので愛用してるのだけど、もう長くはないかも?次に買うのは小さいのでもいいじゃないとかふざけたことを夫が言っているので、「これが入らないと困る!」とアピールするためどんどん使っていこうと思います^^;


2017.07.28 beef & vegetable2

さて、作り方。牛肉は前日に買ったのにとりあえず塩胡椒して寝かせておいたもの。これをフライパンで焼き固めて、白ワインを加えてからガストラに移し、皮をむいた丸ごとのにんにくも好みの量(たっぷりがおいしい)加え、蓋をしてオーブンのスイッチを入れます。中温で肉が柔らかくなるまで焼いている間、野菜の下ごしらえ。

野菜は、なす、ズッキーニ、バナナピーマン、トマト、ささげ(いんげんでも)、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんを入れました。大きなボウルに入れて、角切りにしたフェタチーズ、塩、胡椒、セイボリー(他のハーブでも)、オリーブオイルを加え混ぜます。チーズ入りだと家族がよく食べてくれるので入れましたが、チーズなしでもお好みで。フェタの代わりに少し塩気のあるハードタイプの羊チーズでもいいです。

肉は一旦取り出し、ガストラの底が隠れるよう野菜を加え、その上に肉、残りの野菜と重ねます。さらに45分〜1時間ぐらい焼いたらできあがり。

これは肉に対し野菜の割合をかなり多くするのがおすすめ。野菜から出る汁もパンにつけて残さず味わってみてください。

※こういう土鍋のようなものだと火の回りがやわらかく肉もパサつかないので終始オーブンで焼いてますが、普通のローストパンを使う場合や時間短縮したい場合は肉を圧力鍋で煮てから野菜と一緒にオーブン焼きにする方法でもいいです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ