ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

タグ:ギリシャ

ブログネタ
ギリシャ に参加中!
ギリシャ - livedoor Blog 共通テーマ

この週末は、それほど暑くもなかったので、久し振りに子供を遊園地に連れて行きました。
今回行ったのはグリファダの「インターナショナル・ルナパーク」。旧空港の近くです。

luna park1

何がインターナショナルなのかはわかりませんが...このチープな感じ、結構好きです。一応ギリシャにも大きな遊園地はあるんですけど、今回は食事に行く前に子供を満足させておこうという目論見だったので、ここで充分。

luna park2観覧車。「高いの怖い!」と言いつつも、乗ってみると大丈夫だったようです。デジカメのメモリーが残り少なかったので、人物の入ってない写真はほとんど撮らなかったんですが、この他にも丸太風ミニボートやトランポリン、機関車などに乗って楽しんでました^^
私が個人的に気になったのはトレノ・トゥ・トロムー(恐怖の電車。お化け屋敷です)なんですが、これは断固拒否された為に入れず。一人で入るのも何となく嫌ですからねぇ...今度、義父母と来た時にでも夫と入ってみましょうか。


偽アンパンマン発見!
luna park3


↓このトラコミュに参加できて、ちょっと嬉しかったりします。
にほんブログ村 トラコミュ 海外で見つけたヘンなものへ
海外で見つけたヘンなもの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そろそろお腹が空いてきたので、遊園地はおしまい。海辺で食事もいいな〜と思ってたのだけど、夫の目的地はアテネ市内にあったようです。

xoxlidaki

そして、到着したのはプシヒコ(?)の辺りにあるウゼリ「ホフリダキ」でした。
ホフリダキはハランドリというエリアに結構昔からあるんだけど、最近はこちらの二号店の方が気に入ってます。雰囲気がいいし、それほど混んでもいないので、 ゆっくり呑むには最適。

50ml入りミニボトルのチプロ(葡萄の蒸留酒)にメゼ(おつまみ)が4品ほど付いてくるので、お酒が飲める人はそれだけでお腹も充分いっぱいになります。もちろんメゼはもっと大きいサイズのを一品で頼めるし、メインコースも結構充実しています。今回はチプロ4本ぐらいと、あとダコス(ラスクのサラダ)やポテトサラダなどを別に注文しました。

暗くなったので写真は撮れなかったんですが、チプロと一緒に出てきたおつまみは、塩漬け鰯&ケイパー、ジャジキメリジャノサラタ(焼き茄子ディップ)、フムス(ひよこ豆ディップ)、スズキ(スパイシーなソーセージ)、青唐辛子ピクルス、茄子とフェタチーズのオーブン焼き、ミニミートボール、豚肉のトマトソース煮&ヨーグルト、タコのマリネ...などなど。デザートは頼まなかったので、最後にサービスでサワーチェリーのシロップ煮が出てきました。これだけ食べて飲んで27ユーロほどだったので、なかなかリーズナブルですよね^^

人気blogランキングへ
にほんブログ村 トラコミュ ギリシャへ
ギリシャ

ブログネタ
チーズ に参加中!
相方SPYは10代の頃、毎年夏休みは友達と一緒に島へ行ってたそうです。
その思い出話は、サントリーニのクラブでDJをしてた話だとか、一緒に遊んでたイタリア人観光客が一晩留置所に入れられたとかそういう話が多いものの、食べ物の話もちらほら出てきます。

その数少ない食べ物の思い出話の中で私が気になってたのが、キクラデス諸島はセリフォス島の生き埋めチーズ(穴チーズ?)。
もちろんこれは正式な名前ではなく、そもそも正式名称などないそうです。
当時のバンド仲間だったサナシスとバカンスに行った先で出会った「幻のチーズ」は、本当に幻なのかは知りませんが、私の中でも伝説になっていました。
そんな伝説のチーズが、突然我が家にやって来ることになりました。

夏も終わりに近付いたある日(そうです、これは去年の話^_^;)サナシスから電話があって、またあのチーズを入手したと言います。彼の話によると、これは普通店頭で販売されていなくて、島民が自分達で消費する分だけ作ってるそうです。私達の分もあるというので、早速、彼の住むフィロセイまで向いました。

スーパーの袋に入れられたそれは、更に別の袋に包まれていて、どんな姿をしてるのかは判断できません。


「それ、生きてるから気をつけて開けた方がいいよ」


チーズは確かに生きてるけど、まさか動き出すとかじゃ...と、サルデーニャの蛆虫入りチーズなんぞを想像して、ちょっと怖くなりました。よく考えると、蛆系だったらSPYが食べる筈はないんですが^_^;

で、勇気を出して開けてみたら...

cheese from Serifos1

こんなの出ました〜。

続きを読む

ブログネタ
ギリシャ に参加中!
キフィシアス通りを、メトロのキフィシア駅よりもう少し北上した所にあるスブラキ屋によく行きます。私はオヤジが集うようなスブラキ屋も大好きなんですが、相方SPYは清潔感やサービスを重視するので、家族で行くのはいつもここです。


souvlakia kifisias1

この店は「スヴラキア・キフィシアス」とか「グルナキァ・キフィシアス」とか呼ばれていて、その名の通り目印は豚です。これは表のライト。写真は撮ってないけど看板も豚の絵、店内にも豚のオブジェなどがあります。


souvlakia kifisias2

ファミリーレストラン風ですが、料理はなかなか美味しいです。まずはメゼやサラダ。私達がオーダーするのはティロカフテリ(唐辛子とチーズのディップ)やパンドレメニ(チックピーに米、玉ねぎ、ハーブなどの入ったサラダ)が多いです。ジャジキは他にもっと美味しい店があるので、ここではあまり食べません。サラダはフレンチドレッシングがかかってるとメニューに書かれているものは、ポッテリしたドレッシングがてんこ盛りになって出てくるので(多すぎ!)美味しいけど要注意です。


souvlakia kifisias3

スブラキは、私はパンと食べるのか好きなのでここでは食べないのですが(ピタしかないのが残念)SPYはいつもこれ。スタンダードなポークのスブラキです。


souvlakia kifisias4

私が好きなのはチキンギロスやコンドスヴリ。どちらもピタかメリダ(皿に盛られているもの)の選択ができます。メリダなら2人で分けて丁度いいぐらいかもしれません。

コンドスヴリはスブラキを大きくしたようなものだけど、ここのはじっくり焼かれた肉がホロホロ柔らかくて美味。チキンギロスも、マスタードマヨとの相性が抜群で美味しいですよ。肉たっぷりでボリューム満点。一つで結構お腹がいっぱいになるけど、どちらも捨て難いので両方食べちゃいます。


“SOUVLAKIA KIFISIAS”
99 Othonos Street, Kifissia
Tel. 210-8011-093

↑このページのトップヘ