ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

タグ:レシピ

野菜の、捨ててしまいがちな部分が好きです。

2022.02.18 pasta1

食べてもおいしくない部分ならわざわざ使いませんが、「本体」と同等かそれ以上に好きだったりするのが結構あります。

カリフラワーの葉もそのひとつ。量り売りされるのが普通なギリシャでは、葉っぱがいっぱい付いてるのはかさ増しとも取れるんだけど、ピンと元気な葉だと料理のし甲斐があります。

先日も、白くてぎゅっと詰まった花蕾がしっかりした葉に包まれたカリフラワーを見つけ、しめしめと買ってきました。うちではカリフラワーの葉はよく煮込みに入れたりするんだけど、今回はパスタの気分。

2022.02.18 pasta2
ベーコンとか肉系のものは全然必要なくて、カリフラワーの葉だけですごくおいしいパスタになります。レシピではにんにくやチーズを入れてますが、なしでもOK。たっぷりのオリーブオイルと一緒にじっくり火を通して、おいしさを引き出すのがポイントです。

パスタのレシピって幅が広すぎて、これもアリっていうのを書きだすときりがないんですが、ちょっとレモンが入ってもおいしいです。私は食べる時にフォークに巻きつけた一口にレモンをちょっと絞って味変するのが好き。


2022.02.15 pasta
アブラナ科の野菜でもうひとつ、芽キャベツのパスタ。下記リンクからレシピに飛べます。

芽キャベツのガーリックレモン風味パスタ


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

続きを読む

ギガンデス(ギガンテス)とギリシャでは呼ばれる白花豆。トマトソースとあわせてオーブン焼きにした料理がとてもポピュラーで、出来合いのもよく売っています。

2022.02.04 gigantes
Γίγαντες με λεμόνι και μουστάρδα

私はいろんな料理の「白」ヴァージョンが好きなので、これもトマトなしでよく作っています。適当に作っている普段のおかずのひとつですが、家族に評判がよく、私も気に入ってるのでちゃんとしたレシピにするべきかなと保留していたもの。ようやく計量して作ったので、レシピをご紹介します。


2022.02.04 gigantes6
私は白ヴァージョンを作る時はソースにボリュームとうまみを出すためズッキーニも加えています。野菜が姿を失うぐらいに煮てしまうのがポイント。何が入ってるかわかるぐらいに形を残してもお好みで結構ですが、いずれにしてもしっかりと、完全にやわらかくなるまで煮てトロッとしたソースが豆を包み込むようにします。


2022.02.04 gigantes1
ギリシャらしくオリーブオイルたっぷり、ハーブ(ここではディルをメインにオレガノも)たっぷり。レモンマスタード風味としましたが、酸味が苦手な方はレモンなしで作ってもおいしいです。また、レモンなしで作って、食べてる途中でレモン汁を加え味変しても。お好みの食べ方でどうぞ。

ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



続きを読む

秋ごろから食べたい気分だった、甘いコロキソピタ(かぼちゃパイ)を作りました。
かぼちゃの記事が続いてるけど、たまに何か作ったのを載せてるだけで食べまくってはいないです(笑)

2021.11.25 kololythopita
Κολοκυθόπιτα γλυκιά με καρύδια

今回使ったのは普通の?ギリシャのかぼちゃ。切ってあるのをスーパーで買ってきました。例の水っぽいやつですが、まったく期待がない分ある意味安心ですね


2021.11.25 kololythopita6
甘いかぼちゃパイのレシピはかなり昔にも載せてますが、今回はくるみたっぷりヴァージョンで。かぼちゃのパイはシンプルにかぼちゃだけでフィリングを作ってもいいけど、くるみやレーズンを入れたのもポピュラー。また、ストラガリア(炒ってパフ状にしたひよこ豆)を入れるという人もいるし、かぼちゃの汁気を吸わせるのにパン粉やお米、セモリナ粉などを使う場合もあります。


2021.11.25 kololythopita7
生地のタイプや包み方も、どれにするか迷います。
フィロを1枚1枚のばす方法で、シロップがけのにしようかなとも思ったのだけど……出かける予定もありバタバタしてる時だったので、お手軽なマケドニキ・スフォリアータ生地でシロップなしのにしました。甘さも程よく、まあまあではないでしょうか?ちょっと出来心でアーモンドを粉状にしたのをフィロの間とトッピングに使ってみたのだけど、トッピングの分はシュトロイゼルみたいにした方がよかったですね。

レシピを書いたので、興味のある方は作ってみてください。

ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

続きを読む

ギリシャに住んで二十年以上になりますが、まだ理想のかぼちゃに出会えていません。

2021.11.04a
少し前に近所の青空市場で赤皮栗かぼちゃ(ヨーロッパではHokkaidoかぼちゃと呼ばれるみたいです)が初めて売ってたので期待して買ったんだけど、甘味もホクホク感も全くなくて完全に期待はずれ。なのに2週も連続で買ってしまいましたが。

写真は、黒目豆とカリフラワーの葉と一緒に煮込んでみたもの。
覚え書きとして、作り方を書いておきます。

*****************
黒目豆は乾燥のまま、洗って鍋に入れ、たっぷりの水を加えて一度茹でこぼします。水を換えてやわらかくなるまで茹でたら下準備完了。

別の鍋に玉ねぎとカリフラワーの葉(筋など硬い部分があれば除く)を刻んで入れ、たっぷりのオリーブオイルを加えふたをして蒸すように炒めます。小さなピーマンがひとつあったので、これも小さく切って加えたら、ほんのり青臭い風味がいいアクセントになりました。

角切りにしたかぼちゃを加え軽く炒め、トマトペーストも少し(主張しない程度の量)加えオイルになじませるように炒め、黒目豆を加え煮込みます。
*****************

味付けは塩こしょうでシンプルに。
黒目豆とかぼちゃの組み合わせ、なんとなく冬至によく食べる「いとこ煮」を思い出させる感じですね。


2021.11.04b
もう一品は完全に夏の料理で、クレタ島のダコス。
大麦ラスクの上にすりおろしの完熟トマトをのせて、ソフトチーズとオリーブ、ケイパー、オレガノをトッピングしてたっぷりのオリーブオイルをかけたパンサラダのようなもの。最近クレタ島のクシノミジスラ(酸っぱいソフトチーズ)が無性に食べたくて、季節はずれだけど良いトマトに出会えるのを待っていたのです。

ケイパーはナクソス島のお土産で、オリーブは去年仕込んだペットボトル漬け。今の時期オリーブは新漬けばっかり食べてましたが、よく漬かったオリーブも最高においしい!


2021.11.04c
小皿盛りヴァージョン。


2021.11.04d
黒目豆は茹でたのを取り分けておいて、別の日に食べる用にもう一品作りました。上にかかっているのはアーモンドのスコルダリァ(ガーリックソース)を皮付きアーモンドで作ったものです。見た目はかなり地味だけど、これも結構やみつきになる味ですよ。黒豆は刻んだ玉ねぎとオリーブオイルを少し加えて、軽く下味をつけてあります。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

今年はグリーンオリーブを5〜6kg漬けて、満足なような、まだちょっと漬けてみたいような。

2021.10.26 pasta salad
10月半ばにオリーブ仕事はとりあえずやり終えたんですが、定番となっているオリーブキムチをはじめとした「変わりオリーブ漬け」もいろいろ作りました。


2021.10.12 olives1
手前から時計回りに、オリーブキムチ、オリーブのしょうゆ漬け、オリーブキムチを仕込んだ時に出た種です。オリーブキムチは使いやすいよう種抜きにしたので、抜いた種にくっついてる果肉部分も無駄なく利用します。

何にしようかな〜と考えて、まあまあな量があったので今回はこれをアチャールに加工することにしました。オリーブアチャールも結構気に入ってうちで定番化してるものなんですが、細かく刻んであった方が使いやすいので種の部分がぴったり


2021.10.12 olives2
こんな感じで適当に作っています。


2021.10.12 olives3
小さな瓶にぴったり入る量ができあがりました。もっといっぱい作るなら、普通にグリーンオリーブを刻んで。




オリーブアチャールはいろんな食べ方で楽しめるのですが、前に作り方を書いたデビルドエッグはとてもおすすめです!

今回はパスタサラダに入れてみたら、これもすごく気に入ったので2回目に作った時レシピを書いてみました。オリーブアチャールは市販品もあるようですが、あまり売ってなさそうなので代わりにレモンやマンゴーのピックルでもおいしく作れると思います。

ゆるいレシピなので、作ってみようという方は最後のMEMOを読んでくださいね。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

続きを読む

↑このページのトップヘ