ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

タグ:レシピ

シミ島バカンスの記事にも書きましたが、毎年、最終日は村はずれの土地の様子を見に行くことになっています。

2015.11.02 kotopoulo me votana ke damaskina
Κοτόπουλο με Δαμάσκηνα και Βότανα

実を言うと私も子供たちも飽きているのですが、散歩と運動も兼ねて。
途中の道で野草を観察したり、野生のセージを摘んでくるのはちょっと楽しみです。


2014.08.26 wild sage

セージに少し似た植物はいっぱい生えているのだけど、本物のセージは、いつもの通り道には一株しか生えてないんですよ。いつも、ちょっとだけ摘ませてもらいます。


2014.09.26 wild sage

夏の暑い時ですから、アテネに戻るまでにはカラカラの乾燥セージになっています。

ギリシャでは料理にもセージは使いますが、どちらかというとハーブティーとして飲むことが多いです。なんとなく「おばあちゃんのハーブティー」みたいなイメージがあるようで、夫も祖母がセージのハーブティーをよく飲んでいたのを思い出すそう。
セージのお茶は独特の癖があるので私はちょっと苦手なのですが、胃の調子が悪い時や、風邪をひいてる時に飲むと効くような気がします。

せっかくなのでセージを使った料理を……と考えてたら、シミ島の野生セージで作るのにもってこいな一品を思い出しました。
何年か前に、ホリオの広場前の「シロゴス」というタベルナで出会った「チキンとプルーンのハーブ風味煮込み」です。

料理名に惹かれ(※)頼んでみたものの、実を言うと、あまり感動しなかったその料理。失礼ながら、過去記事には「面白みがない」という感想を記しています。→関連記事

※ギリシャ料理にハーブ(ミロディカ)は多用されるので、ハーブを使った料理自体は珍しくともなんともないのですが、料理名にヴォタナ(これもハーブを意味する言葉ですが、薬草というニュアンス)という言葉が使われていると、ハーブ感が強調される気がして惹かれます。

かなりあっさり淡白だったその料理。もうちょっとこっくりと煮て、塩も効かせたらよくなるのではないかな?と(偉そうですみません……)作ってみた結果が一番上の写真です。

結果、また作ってみたいぐらいに私は気に入りました。独特な香りは好き嫌いが分かれるかもしれませんが。
レシピを載せておきますので、興味のある方はぜひお試しください。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


続きを読む

チーズ週間にはやっぱりチーズパイを焼かないと……というわけで、どうせなら手間のかかるのをと頑張って作ってみました。

2015.02.20 kasiata
Κασιάτα

ヴラフ語でチーズという意味のカーシュから「カシャータ」と呼ばれるこのパイは、イピロス地方のメツォヴォ辺りの伝統的なチーズパイのひとつで、自家製フィロでしか作れないものです。
薄〜くのばしたフィロ生地にフェタチーズ(フェタチーズとポロネギを入れる場合も)を散らしながら何層にも重ねていくという方法。

生地を10個程度に分けてのばし、それにフィリングを挟んでから折りたたみ層の数を稼ぐ方法もあるのですが、今回は18等分した生地を一枚一枚のばしました。
かなり疲れたので、大きくのばしてから折りたたむ方がいいかも?レシピではフィリングを重ねてから2つ折りにする方法でご紹介しています。

2015.02.20 kasiata4

フィロ生地とバターとフェタチーズだけのごくシンプルなパイですが、上手に作れたらとってもおいしいです。
時間に余裕のある時にでも、ぜひ挑戦してみてください。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

復活祭前の食事節制、始まっております。
細かい食事節制の決まりがある断食期間の本格スタートは来週月曜からですが、今週はすでに肉は禁止されていて、その代わりに乳製品や卵を思いっきり食べておくチーズ週間。定番料理はチーズをたっぷり使ったパイや、このミルクパイなどです。

2015.02.18 galatopita
Γαλατόπιτα

ギリシャ人は「クレマ」(クリーム)が好きで、クリームプディング系のデザートがいろいろあります。シンプルなものでは牛乳にコーンスターチなどでとろみをつけたクレマ、ライスプディングなど。少し凝ったものではガラクトブレコをはじめとしたフィロ生地のカスタードパイが何種類もあります。

ガラトピタは、そんなカスタードパイのひとつ。たっぷりのミルクや卵が入り栄養価が高く、またシロップをかけず甘さが控えめなので子供のおやつとしてもポピュラーです。
作り方はさまざまで、フィロ生地を底だけに敷いたもの、上にもかぶせたもの、お手軽なクラストレスパイなど。カスタードも、セモリナ粉、小麦粉、米粉など、加えるでんぷん質によって食感や味わいが違ってきますし、たっぷりの卵だけで固めるタイプも。また、ガラトピタは一般的に甘いものが多いですが、塩味バージョンもあります。

フィロ生地から作ろうとすると結構手間がかかりますが、カーニバルシーズンのチーズ週間には食べておきたいお菓子です。と言いつつ、作ったのはもう何年ぶりか……という感じですが^^;

うちでは私と長女しかクリーム系は好きじゃないので、このサイズのを2人で食べてしまいます。焼きたてで温かいのは、ふわっと柔らかいカスタード。冷たくなって、しっかり固まったのもおいしい。
セモリナ粉のカスタードは日本では馴染みのないものですが、普通の小麦粉よりだまになりにくく、ぷるんとした独特の食感に仕上がります。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


続きを読む

同じ食材の消費に追われることがよくあるのですが、ここのところはバナナピーマンがどんどこやってきます^^;

2014.06.27 keftedakia me piperies
Κεφτεδάκια με πιπεριές

その時によって、緑のだったり赤だったり。緑のものは素揚げかグリルしたのを塩、ワインビネガー、オリーブオイル、ニンニクで食べるのがギリシャ風の定番のひとつで家族のお気に入りでもあるのですが、熟して甘味の出たものはちょっと工夫しないと我が家では受けが悪いです。


2014.06.27 piperies

先月某日は、半分熟してオレンジっぽくなったバナナピーマンがいっぱいありました。とりあえずローストして皮を剥いてあったのだけど、そのままビネガーなどでは食べたくないというので冷凍ストックの牛挽き肉で作ったミートボールと煮ることに……。

肉系のものと一緒に煮込むのは、ギリシャ人が普通によく作るおそうざい。
ソーセージと煮たらスペチョファイ(スペジョファイ)というよく知られた料理になりますが、食べやすい大きさに切った塊肉やミートボールと合わせるのもありで、家族も私もスペチョファイよりこちらの方が好きです。

バナナピーマンについて。ギリシャではよく食べられるピーマンのひとつで、緑色のものはピペリエス・ケラト(ツノピーマン)、赤いのはピペリエス・フロリニス(フロリナピーマン。ケラトとは少し種類が違うようですが)と呼ばれます。最近は日本でもバナナピーマン(バナナ唐辛子)が徐々に知名度を上げつつあるようですが、まだ入手できるところが限られるようなので、パプリカで作っても大丈夫です。

レシピはローストしたバナナピーマン(またはパプリカ)を使う場合と生のまま使う場合の両方で書いていますので、ぜひお試しください♪

2014.03.16 keftedakia me piperies

ローストしてないバナナピーマンで作る場合、ちょっと皮が気になるかもしれませんが、こちらも美味しいです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


続きを読む

ちょっと間があいてしまいましたが、前回の続き。ギリシャでとってもポピュラーなタコのおつまみです。

2014.01.25 grilled octopus


ギリシャの海辺で結構よく見かけるのが、洗濯物みたいにタコを干している風景。タコは完全に乾かして保存用にもされますが、ほどよく水分が抜けるまで干したものは炭火焼きにしてシンプルに食べるのが定番です。

タコの炭火焼きの作り方は大きく分けてふたつあり、ひとつは柔らかくなるまで煮たタコを焼く方法、もうひとつは干したタコをそのまま焼く方法です。とても柔らかく仕上がる前者を好む人も多いですが、私は煮てないタコを焼く方が好き。タコにせよ肉にせよ、炭火で焼く料理はある程度の歯ごたえも美味しさのうちという気がします。

海辺のウゼリ(ギリシャの居酒屋の一種)で食べるようなタコのグリルが恋しくなったのだけど、今回は炭火じゃなくオーブンのグリルで我慢。それでも少し干してから焼くと、なかなか満足のいくお味になりますよ^^


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

↑このページのトップヘ