ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

タグ:肉

ブログネタ
簡単!ギリシャ料理レシピ に参加中!
シミ島で作ったおうちごはんの記事に登場した、牛肉とオリーブの煮込みのレシピをご紹介します。

2008.08.29 moschari me elies 2
Μοσχάρι κοκκινιστό με ελιές καλαμών

前回も書きましたが、こういうシンプルな料理は別荘滞在中によく作るものです。材料も調理器具も少なくて済むものというのがバカンス中の料理のポイントなんですが、この煮込みはカラマタオリーブが深い味を出してくれるので、簡単ながらもご馳走風なところが気に入っています。

これは夫にも大好評。あまり料理にはこだわらない・バカンス中に家で食べるものはサラダとか簡単なものでいい...と言ってはいるものの、やっぱりちゃんとした料理を出すと喜ばれます(それでも、週に一度くらいはパン・チーズ・紅茶のシンプルな夕食がいいそうですが)。
働き者だった夫の祖母は、このシミ島のキッチンでも一日中料理をしていたそうで...料理の種類は違えど、いつも美味しい匂いの漂っているキッチンは遠い昔の夏の記憶を呼び起こすのでしょうか?おばあちゃんが作ってくれた料理の思い出話も、普段より多く飛び出します。


レシピは続きへどうぞ。
応援クリックもして頂けると励みになります。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

ブログネタ
簡単!ギリシャ料理レシピ に参加中!
ここ数年の猛暑と比べると随分過しやすい今年の夏ですが、最近また少し暑さがぶり返してきたようです。

夏バテ予防に豚肉と夏のホルタ(青菜)の煮込みを作ってみました。

pork with summer horta
Χοιρινό με γλιστρίδα και βλίτα

豚肉はビタミンB1が豊富に含まれ、疲労回復によいとされていますね。これにビタミンやミネラルたっぷりなスベリヒユと葉アマランサスを組み合わせた煮込みは、スタミナもつくので今の時期にぴったりです。

スベリヒユや葉アマランサスは今までも何度か紹介してきたものですが、ギリシャの夏の代表的な青菜です。北部や山岳地帯などを除いては、雨が全くと言っていいほど降らない夏場はカラカラに乾いてしまう土地がほとんどなギリシャ。そんな過酷な条件でも元気に育つ青菜(野草)類が貴重な葉野菜となります。「畑の雑草系」なスベリヒユ、葉アマランサス、スティフノス(イヌホオズキ)などに、海の近くに生える「多肉系」なクリタモやアルミラ(オカヒジキ)。どれも個性的で、いかにも栄養満点といった感じの味わい深い葉野菜たちです。

タイトルの料理に話を戻して...。

豚肉は簡単な塩豚といった風に、少し寝かせてから調理してあります。うちの場合、肉類は買ってすぐに使うことは少なく、とりあえず塩(料理によって胡椒なども)をして冷蔵庫へ。そのまま一晩〜一日半ぐらい放置することが多いでしょうか。傷むのも予防できるし、旨味もアップするのでいつもこの方法です。

青菜類はスベリヒユと葉アマランサスどちらかひとつでもいいですが、両方加えた方が味・食感ともにバランスがいいかも?スベリヒユはそれ自体に結構酸味があるんですが、アマランサスだけならお好みで仕上げにレモン汁を少し加えるとサッパリして美味しいですよ。

レシピは続きへどうぞ。
こちら↓も一日一クリックお願いします!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

ブログネタ
簡単!ギリシャ料理レシピ に参加中!
子供たちも食べれるように、普段は塩やスパイスを控えた料理がほとんどな我が家ですが...たまには別メニューでスパイシーな料理も。

2008.05.13 sofrito
Σοφρίτο

先週作ったのは夫のお気に入りのひとつ、仔牛肉(牛肉)のソフリトです。
これはコルフ島(ケルキラ島)の郷土料理で、以前紹介したパスティッツァーダ(雄鶏のスパイシー・トマトソース煮)と同じくスパイスを贅沢に使ってあるのが特徴。何百年もの間イオニア諸島を支配していた(コルフ島は1204〜1797年)ヴェネツィアの影響で、特に富裕層の料理には、黒胡椒など当時非常に高価だったスパイスがよく使われています。

もちろん作り方は人によってそれぞれ・仕上がった料理の見た目もそれぞれですが、私が作るのはニンニク、パセリ、胡椒をたっぷり。赤唐辛子も入れ、ワインビネガーを結構効かせます。じっくりオーブンで焼く(煮込む)タイプではなく、手早く30分ほどで仕上げてしまうので、暑くてあまり料理する気になれない時期に重宝するメニューです。


2008.03.13 chicken with artichokeお子さまメニューはこちら。久し振りの、チキンとアーティチョークのソテーです。

しっかり大人味でもあるんだけど、味付けはマイルドだし、お肉も柔かいので小さい子供も食べられます。アーティチョークやハーブが好きな子限定ですが...。バリエーションとしては、ズッキーニなんかで作っても美味しいですよ。


ソフリトのレシピは続きへどうぞ。
↓ついでにこちらもクリックして頂けると励みになります!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

先週は、また魚市場に行ってきました。
「写真はこの間撮ったし、今日はいいか〜」とカメラを持って行かなかったんだけど、やっぱり着いたら大後悔!その日は大型魚がいっぱいで、かなりの迫力だったのに...。今度はちゃんとカメラ持参で行きます

さて、その夜は当然市場での収穫を料理するつもりだったので、夫と子供用には(手抜きな)別の料理を用意しました。

2008.04.10 bifteki

ビフテキ(ギリシャ風ハンバーグ)です。
前にレシピを載せた配合とは違って、夫の好みに近づけるべくつなぎを多くしてみました。今までで一番評判が良かったのは、もっとつなぎが多かったのだけど、それは一般受けするかはどうか...?とりあえず、私は遠慮したかったです^^;
レシピはイザ!の方に載せますので、もう少しお待ち下さいね。


ショボい料理写真だけですが、市場の収穫が気になる方は続きへどうぞ。
↓こちらもクリックお願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

ブログネタ
簡単!ギリシャ料理レシピ に参加中!
ギリシャでは、ラムより仔山羊の方が癖が無くて好きな私。特にこの季節の野菜と合わせるのが気に入っていて、毎年楽しみにしています。

katsikaki me koukia
Κατσικάκι με φρέσκα κουκιά

今回は、そら豆と合わせた煮込みにしてみました。トルコのyokocanさんも記事にされてましたが、まだ中の豆があまり大きくなってない若いものは鞘ごと料理するんですよ。そう言えば、出始めの頃に何度か食べただけだったな〜と、慌てて食べ溜めしています^^;

4月ともなれば、そろそろ鞘ごと食べるには育ち過ぎてるのが多いんですが、今週・来週ぐらいまではまだ大丈夫かも?沢山買ったのを、

,泙席瓦辰櫃はなってないけど大きいの
⊂笋瓦反べるにはちょっと硬いかも?というぐらいの
鞘ごと食べれる細いもの

の3ランクに選り分けて、それぞれ「赤子用の茹でそら豆」「娘用の生そら豆」「鞘ごと煮込み」にします。煮込みはyokocanさんが紹介されてるようなオイル煮にする他、こんな風に肉と合わせるのも美味しいです。なかなか手に入らない食材の組み合わせですが、参考までにレシピをどうぞ。

ポチッと応援クリックもお願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

↑このページのトップヘ