ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

タグ:郷土料理

5月は私にしては結構いっぱい更新できたなと思ってたら、またここのところバタバタ忙しくてペースが落ち気味です。

2020.06.06 souvlakia

と言っても、料理はいっぱいしてるんですよ。
先週の土曜日は家族がなかなか起きてこなかったし、久々に市場はやめて家にいたので、朝からピタを焼いておいて夕食はスブラキ大会でした。お皿に乗りきらなかったので写ってませんが、他にはハルミチーズのスブラキやチキンのスブラキもありました。



2020.06.06 tyropitakia1

早く使わないと傷みそうなチーズ消費のためにチーズパイも。
子供の学校が昨日までだったんですが、最後の週はこの時に作って冷凍しておいたチーズパイのお弁当。次女の大好物です。


2020.06.06 tyropitakia2

著書に「シミ島風チーズパイ」として掲載しているもので、シミ島のニコレットスベーカリーで売ってるチーズパイをお手本として考えました。あちらのは、この数倍のサイズで閉じ方も違うんですけど。普通の溶けるタイプのチーズでとてもおいしくできるのです。最近は朝ごはんを食べられない私ですが、このチーズパイは朝からいけます!コーヒーのお供にもぴったりなんですよ。


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)


2020.06.06 tyropitakia3

トレーにこんな風に並べて凍らせ、袋に入れて冷凍保存しておけます。こうやって作っておくと、あとは食べたい時に焼くだけなので便利です。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

どこも新型コロナウイルスで大変な今日この頃。

2020.03.20 pastitsio
Παστίτσιο χωρίς μπεσαμέλ

日本では休校のため余った給食用の食品無駄にならないようにと牛乳消費レシピなどがSNSで多く投稿されてましたが、うちは逆に消費を抑える努力をしています。

幸いギリシャでは酷い買い占めなどは起こっていないため(初期だけ、小麦粉、米、パスタが品薄になってました)スーパーに食品は豊富にあるものの、外出を最低限にしたいので「ちょっと牛乳が切れたから」というような買い物を減らしたいところ。牛乳は週に2〜3リットル使うのですが、いっぱい消費するような料理やお菓子はなるべく控えています。

たとえばパスティチオ。チューブ型のパスタとミートソース、ベシャメルソースを重ねて焼いた料理です。子供が食べたがってたので作ろうと思ったのだけど、買い物日を前に牛乳が残り少ない……そこで、昔作った「シミ島風パスティチオ」をふと思い出しました。

過去記事はこちら。


パスタとミートソース、卵、牛乳を混ぜて焼くというもの。もしかしたら、ベシャメルを使うタイプが一般的になった以前の古い作り方なのかもしれません。過去記事には詳しい作り方を書いてなかったし、教えてもらったレシピも無くしたのですが、前回は多分全部混ぜるという方法がイマイチだったな〜と思い出し微調整してみました。変更点は、卵液をパスタやミートソースと混ぜないでかけるという箇所です。


さて、ベシャメルなしパスティチオの作り方です。

パスタは穴があいてるタイプ何でもいいですよ。今回はペンネを使いました。
硬めに茹でたパスタとミートソースをざっと混ぜ、耐熱容器に入れて表面をならします。すりおろしたチーズをのせ、卵と牛乳を溶いたものを回しかけてオーブンで焼いてできあがり。

チーズはケファロティリという、塩気強めの羊乳ハードチーズを使いました。すりおろしてパスタにもよく使われるチーズ。ギリシャ国外で手に入りやすいチーズではイタリアのペコリーノなどが近いですが、なければ適当なもので。チーズは間にも挟んでたっぷりで作ってももちろんおいしいですよ。

卵1個につき牛乳1/2カップぐらいで溶きましたが、量はお好み&在庫によって適当で大丈夫。画像のものは4人分で卵1個というギリギリな量で作ってます(私の好みではこの倍くらいが理想)。

ミートソースは冷凍してあったものを使用で、たっぷり入れたおかげか昔作った時よりもおいしかったです。ベシャメルを使うものより簡単なので、ぜひお試しください。


________________________________

【追記】
この記事は3月21日に書いたのを投稿しそびれていましたが、その後23日からギリシャではロックダウンに入りました。外出する時に許可証(氏名・住所・外出目的などを書いた紙もしくはSMSで申請)とIDが必要という以外は特に生活は変わってないです。皆様も、どうぞ健康と安全第一でお過ごし下さい。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ





新レシピを書いたりもしてるんですが、なかなかこちらを更新できません。
午後にちょっと時間が空く頃には暑さとバッテリー切れでのびてしまうパターン……今日こそは後で更新できるかな?



昨日は生神女就寝祭(聖母被昇天祭)でした。ギリシャでは復活祭やクリスマスと並ぶ重要な祭日で、バカンスシーズンのピーク。ギリシャは夏休みが長いので日本のお盆休みほど集中はしないものの、この前後に人々の大移動が起こります。
私たちは例年通りアテネに残り、人が減って静かな街を満喫しています。バカンスでお店が閉まっていたりと多少の不便はありますが、普段車が多すぎなので交通量が少ないのがいいです。

画像は昨日ご飯を炊いたついでに作ったアクゥミア。シミ島の郷土菓子です。
ギリシャ中で見られるイーストドーナッツ、ルクマデスのバリエーションなのですが、どろどろのお粥状になるまで炊いた米が生地に入っているのが特徴。ギリシャではお祭り(パニギリ)やお祝い事の時にルクマデスをよく食べますが、シミ島のアクゥミアも同じです。


比較的短時間で作れるレシピを以前ご紹介してますので、興味のある方はどうぞ。アクゥミアは通常粉砂糖をふって食べますが蜂蜜やジャムをつけてもおいしいです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

なすを使って、肉も入ったボリュームのある料理を作りたいなと考えていて、チョブレキのことをふと思い出しました。

2019.07.13 tsobleki
Τσομπλέκι

北ギリシャのマケドニア地方、特にエデッサでよく見られる郷土料理なのですが、試しに検索してみても少ししか情報が出てこないので全国的な知名度は低そうな料理です。牛肉のトマト煮をなすやポテトと重ねたもので、なんとなくムサカを思い出させるものがあります。

そうそう。大事なことなので最初に言っておきますが、「チェブレキ」ではなく「チョブレキ」なのでお間違えなく。


2019.07.15 giouvetsi

この料理の特徴のひとつとして、基本的にひとり分ずつ小さな土鍋や金属製の丸型に入れて作り、食べる時は容器のまま食卓に出すのではなくひっくり返して皿に出します。容器の底にはフェタチーズをひと切れ、その上に真っ赤なフロリナペッパーをひと切れ。控えめな量のそれらの色合いと味がアクセントになっています(※)。


2019.07.13 tsobleki2

チョブレキにまつわる思い出……というほどのことでもないのですが、いつだったか夫がサッカー仲間か誰かと話していてこの料理のことを聞いたと言っていました。その時に、「どんな料理か知ってるから作ってあげよう!」と思いつつ忘れてしまって早数年。このエピソードはもう夫の記憶からはすっかり消えてしまったようですが、チョブレキは大好評でした。


2019.07.13 tsobleki3

久しぶりにレシピを書いてみましたので、ぜひお試し下さいね。ボリュームはあるのだけど重すぎず、とってもおいしい料理です!肉の煮込みを作って、野菜を焼いて……と少し手間と時間のかかるこの料理。全工程を一気にすると大変ですが、分けて作業すると結構簡単ですよ。

ちなみに牛肉の煮込み単品だとタス・ケバップ(タス・ケバブ)という料理になります。今回はひと粒で2度おいしいレシピ(笑)実はタス・ケバップは昔クックパッドに載せてたのですが、ブログに移行してからなんとなく再掲載してなかったもののひとつ。焼きなすとチーズをたっぷり加えたベシャメルソースの上に盛り付けると、ギリシャではコンスタンティノープル料理として知られるヒュンキャル・ベエンディ(ヒュンカル・ベエンディ)という料理になります。


※フェタチーズやフロリナペッパーはもっと多く加える人もいますが、基本的に少なめの量にするのが様式美という気がします。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ
続きを読む

この間、ピリオの蕨ケフテデス(フテロケフテデス)を食べられなくて残念だった〜という話を書きましたが、もうひとつのローカルケフテデスを作ってみました。

2019.06.17 riganokeftedes1
Ριγανοκεφτέδες Πηλίου

リガノケフテデス(オレガノケフテデス)です。ギリシャ料理のケフテデスはミートボールを指しますが、オレガノケフテデスと言うとどんなものか名前を聞いただけでは想像がつきにくいかもしれません。野菜などで作られるものは「フリッター」と訳される場合も多いのですが、オレガノのフリッターって!?ハーブのケフテデスと言うとフェンネルを小麦粉でまとめたシンプルなものがあるのですが、ピリオで作られるリガノケフテデスは茹でてつぶしたじゃがいもをベースにしてありコロッケを思わせる味です。

ちなみにフェンネルのケフテデス……以前載せたつもりが見当たらないのでまたそのうちご紹介しようと思います。

すみません、今回計量してないのでレシピは無しです
画像ではちょっとわかりにくいですが、少し形を変えて2ヴァージョン作りました。手前の丸いのはフェタチーズ入り、奥の楕円に成形したのはタラマを入れたものです。どちらも伝統的なリガノケフテデスなんですが、タラマ入りのはタラモケフテデスのオレガノ入りみたいな感じですね。私は普通のタラモケフテデスの方が好きで、リガノケフテデスはフェタチーズ入りの方が好みです。


2019.06.17 riganokeftedes2

オレガノはギリシャ料理でよく使われるおなじみのハーブで、乾燥させたのを使用することが多いです。でも、ピリオのリガノケフテデスに関してはフレッシュなオレガノをたっぷり刻んで入れるのが重要ポイント。もっと言えば、山に生えてるオレガノを使わないと同じ味にはならないのですが、栽培物のオレガノでもなかなかおいしくできます。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ