ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

タグ:鶏肉

前回の記事でお知らせしました「ギリシャのごはん」レシピ本、27日に無事発売されました。発売日に買いに行って下さったり、早速本を見て料理を作ったという嬉しいご報告もいただいています。

2020.09.02 psari me bamies0

発売日には私はシミ島にいたのですが、それについてはまた別の機会に。上の画像はバカンスから帰ってきて最初に作った料理です。

去年と今年はバカンスの日程が短かったこともあり、シミ島滞在中に自炊はしなかったのです。なので、約一週間ぶりのちゃんとした料理。夏の間ずっと食べたかったけどなかなか機会が巡ってこなかった魚とオクラのオーブン焼きを作りました。


2020.09.02 psari me bamies1

ギリシャでオクラというとトマト味で煮込むかオーブン焼きにするというのが一般的です。オクラだけのベジタリアン料理にしてもいいし、チキンや肉とあわせるのもポピュラー。魚と一緒に焼くのはクレタ島でよく見られる料理で、オクラ以外にも魚と野菜の組み合わせは特にクレタ料理に多いです。

煮込みかオーブン焼きかというのは好みですが、魚は崩れやすいのでオーブンがいいですね。うろこと内臓を取った丸ごとの魚(今回はスズキ)は、レモンでこすって塩こしょうし、お腹にも好みでレモンスライスをはさんでローストパンか天板に置きます。周りにオクラを並べ、玉ねぎとフレッシュトマトのシンプルなソース(好みでパセリやにんにくも入れて)を回しかけて焼くだけです。


2020.09.02 psari me bamies2

オクラも、オーブン焼きだと崩れないのがいいです。


2020.09.02 psari me bamies

長女と私で半分こして、盛りつけたところ。


2020.09.02 fish

オクラを食べない夫と次女にはスズキだけそのまま焼いて、骨を取って別の料理にしました。フライパンで玉ねぎとにんにく、青唐辛子を炒め、トマトを加え煮てソースを作ります。煮詰まったらソースを端に寄せて、空いたスペースに魚の身を並べ温まる程度の蒸し焼きに。器にソースを先に盛り、魚をのせてパセリを散らしできあがり。骨が残ってないか食べる時に最終チェックしやすい盛り付けです(笑)


2020.09.04 kotopoulo me bamies1

オクラが半分残ったので、別の日にチキンヴァージョンも。こちらは本でも紹介している煮込みのレシピです。


ギリシャのごはん (うちで楽しむ、とっておきレシピ65)


サイドディッシュはどちらも同じで茹でた葉アマランサスのサラダなのですが、魚の時はズッキーニと、チキンの時は去年漬けたオリーブとあわせてみました。自分で漬けたオリーブは作った満足感もありおいしい!今年ももうすぐやってくるオリーブの季節が楽しみです。





ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



オリーブの新漬け、そこそこな量あったはずなんですがすでに残りわずかになっています。

2019.10.03 kotopoulo me rizi
Κοτόπουλο με ρύζι και ελιές

永遠に食べ続けたいおいしさ……って思いながらワインのお供に食べてるんですが、やはりこれを使った料理もブログに載せておかないと!という謎の使命感に駆られ、丁度食べたい気分だったチキンライスに入れてみました。

ギリシャ風のチキンライスと言ってもものすごくシンプルで、我が家でよく作るタイプはオーブンで焼いたチキンに米を加えるだけ。私的にちょっとしたポイントなのがチキンにニンニクのスライスを埋め込むことなんですが、食べてるとニンニクの効いた部分に時々当たるのがお楽しみです。


2019.10.03 kotopoulo me rizi2

簡単な作り方の説明だけ以前にも載せていましたが、一応ちゃんとレシピも書いてみたので載せておきます。ちょっとワインを入れたりしてもいいけど、敢えて超シンプルな味付けにしてみました。今回オリーブ入りですが、なしでも美味しいですよ。


こちらは以前の記事。
今回書いたレシピは続きへどうぞ。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

続きを読む

秋冬に食べたくなる、カリフラワーのコキニスト(スパイシートマトソース煮)。

2013.10.19 kokkinisto

カリフラワー単品でも満足度の高い一品ですが、肉入りで作っても。
今回は鶏のモモ肉がほんの少し余ってたので入れてみました。

カリフラワーのスパイシートマトソース煮込み(クヌピディ・コキニスト)

作り方は上記リンクのレシピとほぼ同じ。手順の最初で、食べやすい大きさに切り塩胡椒をもみ込んでおいた鶏肉を軽く焼きつけて一緒に煮込むだけです。
肉もカリフラワーもホロッと柔らかく煮えたら出来上がり。

他のお肉で作っても美味しいですが、煮込みに時間のかかる肉を使う場合、カリフラワーを加えるのは肉がある程度柔らかくなってからにして下さいね。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

普段は滅多に食べたくならない料理だけど、まあたまには……というのがオーブンで焼いたチキン。私の中ではさらに「食べたい気分」になることが珍しいチキンライスを作ってみました。

2012.12.04 kotopoulo me rizi
Κοτόπουλο με ρύζι

ギリシャ風のチキンライス“コトプロ・メ・リジ”、直訳すると「鶏と米」ですが、オーブンで作ったり鍋やフライパンで作ったりいろいろあるようです。
野菜など入れたりする人もいるけれど、クラシックなギリシャ風チキンライスは鶏と米だけの潔いシンプルさが魅力だと思います。

娘は普通に焼いた鶏だけ食べたいとのことだったので、今回はオーブン焼きヴァージョンで自分用だけライス追加にしてみました。

2012.12.04

鶏と一緒にポテトを焼いたのも美味しいけど、そんなわけで今回は鶏だけ焼きます。ちなみに別容器のポテトは夫と娘用。

分量は出してないので、作り方だけ簡単に……。


ギリシャ風チキンライス(コトプロ・メ・リジ)

米は洗って水気を切っておきます。

鶏肉は丸鶏をポーションに切ってもらったのを使用。塩胡椒をすり込み、これはお好みですが包丁の先で数箇所穴を開けてニンニクスライスを埋め込んであります。

耐熱容器に入れ、きつね色になるまでオーブンで焼いたら一旦鶏肉を取り出します。※私は最初から鶏肉にレモンをかけずに焼くのですが、半分に切ったレモンを一緒に焼いて、あとで絞ります。

余分な脂はすくって捨て(別の料理に再利用してもいいですが)、米を加えます。

米に脂と肉汁をからめるように混ぜたら、さっき取り出した鶏肉を上にのせます。一緒に焼いたレモンを絞って回しかけ、あれば白ワインも適量。

適当に水加減し、味を見て塩胡椒も追加。蓋をしてオーブンに戻し、米が炊けるまで焼いたら出来上がりです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

どうも風景に秋らしさを感じられないアテネなのですが、市場に行くと秋がいっぱい。さつまいもも、そのひとつです。

2012.10.14 kotopoulo me portokali

こちらで売ってるさつまいもは、ベージュ色の皮があまり美味しそうに見えないのだけど、たまにスーパーで売ってる日本のさつまいもに色が近いものよりも、甘くてホクホクしててなかなか美味しいのです。
秋冬にしか売ってないので、ここぞとばかりに買ってきたのですが、さて何にしよう……?と考えてて思いついたのがこれ。

チキンとオレンジも、さつまいもとオレンジも定番ですよね。
ギリシャ料理にもチキンをオレンジ風味でオーブン焼きにした料理があり、以前載せたレモン味のもののバリエーションといった感じです。
一緒に焼くポテトをさつまいもにしても美味しいので、今回はじゃがいもとミックスで作ってみました。

いつも通り、レシピは追記に。
秋らしいチキンの料理、是非お試し下さい♪

ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


続きを読む

↑このページのトップヘ